コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

パート先で片思いしていた上司への想いを断ち切りながらメンヘラな心の闇との戦いを繰り広げているコミュ障主婦の日々の出来事をただただ吐き出すだけの、ストレス発散ブログです

忘れる決意後

多分ボボさんはめっちゃ嫌ってる

どんどん私のこと嫌いだと思ってそうです今まで、湯呑みを回収するときに、一応ボボさんなりに気を遣っていたのか、私が回収する側に湯呑みを置いてましたが、ここのところは反対側に湯呑みが置いてあるので、ボボさんのデスクをグルッと回って回収しなくて…

少しだけ見ざるを得ず……負けた気分😡

順調だったんですけどね……請求書をしたときに20日締めの請求書を作成したんですけど、1/20日ってもう過ぎてるので、あれ?これって1月の締めでよかったのかな?と急に不安に襲われてしまい、自分で直接ボボさんに聞くべきだったのでしょうが、OGさんに尋ねた…

意地と意地とのぶつかり合い……?

ボボさんを会話中含め、一切見てません そのことに自分自身、イライラする気持ちもあり、夫と喧嘩してしまいました 何やってるんでしょうね……ボボさんが何を思ってるかは不明ですが、一応、仕事は仕事としてどんどん回してきましたそして最近はもう1人の男性…

目が好きなのは致命的

チャットのお部屋で言われた言葉です結局、管理者が抜けたお部屋は私たちだけのお喋りの場として使わせてもらうことになりました検索許可をオフにしてご新規さんを入れない形他に参加してる別の部屋でも荒らしが出たために、急遽、検索許可をオフにしたよう…

今頃になって辛くなってきた

状況と感情の間にはどうも時差があるようで、今頃になって悲しい気持ち、苦しい気持ち、やるせない気持ちがどっと押し寄せてきていますでもどうしようもない 結局、ボボさんと関わったって、表面上、ボボさんとつつがなく仕事ができたって、私の存在がボボさ…

さらにダメ押しの出来事

昼休みに給湯室のレンジでお弁当を温めていると同い年のパートさんがやってきましたさらにそこにボボさんも現れました パートさんがボボさんに話しかけました 「ボボさんって睫毛長いですよね~」多分これがもし、私が聞いたのだったらおそらくボボさんは 「…

ヒマすぎるのでボボさんネタ

といっても、悪口かも今日もボボさんはスーツ姿でした ネクタイも締めてた 真っ黒の、喪服と兼用だろうスーツ…… でもそれを思ったのは私だけではなかったようで…… 若いパートさんが 「誰かの葬式?って思った」 と言ってました もう一つおまけに 「普段スー…

確かに好意の有無ってわかりやすいものかもな

最近、入り浸ってるお部屋がありますそこには仲良し3人組がいて深夜になるとその3人がよくトークをしていますそしてそのうちの1人の男がどうももう1人の女を好きっぽいのです さりげなく、でも何度も会おうと誘ってくる ことあるごとに、自分のところに来さ…

虚しさが消えない

満たされない満たされない寂しい 虚しいネットで男性が嫌いな女性に取る態度というのが載っていたが、ボボさんに全て当てはまるやはり嫌われてるのかな でもよくわからない 何でそんなに嫌われなきゃいけなかったのかまぁこういうのは深く考えても無意味なも…

多分ボボさんは私を切り捨てる

何となくそんな気がしてなりませんだって今回は自分のせいで私の態度が悪くなってるとは思ってないでしょうし……面倒くさいからもういいや、と放置されそう…… 実際、別に無理に話しかけてくることもなかったですし知らねーって感じなんでしょうね……仕方ないけ…

ボボさんは1日外出

なので今日はのびのびと過ごせましたなのにこんなときに限って……そう、まさにそうやって私が退社するまで帰ってくるなよ、と思ってるときは帰ってくる……世の中って理不尽……しかもずーっと見たいと思ってて見れてなかった念願のスーツ姿けれど、見ませんでし…

自分ファースト

チャットにすっかり入り浸ってますいろんなお部屋でこれまでのボボさんの態度を愚痴ってきましたが、あるお部屋でハッキリと言われました「こんな態度取られたら私だったらスッと冷めちゃう」そうだよね、冷めるような態度をやっぱり取られてるんだよね、私…

心が硬くなってしまってる……

普通にするのが正解だと頭ではわかってる 他の人と同じように、ただ自分からは話しかけず仕事の用件だけを話す そんな風にボボさんと接するって それが正解だってちゃんとわかってるでもいざとなると、その普通がとても難しい いや、多分私は嫌なのだ 普通に…

時間経つの早かった

さすがに今日は仕事がたくさんあって気がついたらもう帰る時間になってました😃おおっ、珍しい✨ボボさんは普通ではありましたが……どうなんだろな銀行行きを頼まれましたが、ボボさんの顔は見なかったです 見て、何かの感情が自分の中に生まれるのがイヤだった…