コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

パート先で片思いしていた上司への想いを断ち切りながらメンヘラな心の闇との戦いを繰り広げているコミュ障主婦の日々の出来事をただただ吐き出すだけの、ストレス発散ブログです

プライドの高い人

我が社に数ヶ月だけ在籍していた人がいました

もともと履歴書に書き切れないほどの転職歴があったようで、それでも学歴の高さで採用されました

けれどもちっとも仕事を覚えない
わからなくても人に聞かない

こちらから声をかけないと、わからないこともそのまま放置で数時間……

それでも教育係の人は粘り強く丁寧に仕事を教えていました

けれども嘘をついて休みを取り他の会社の面接に行ったりして、結局すぐに辞めてしまいました

周りからの評価は低かった人ですが、本人的には自己評価が高く、もっと理想的な職場がどこかにあるはずだと信じて疑ってなかったようです

実際、転職歴が多数あっても採用自体はされるわけですから、面接の受け答えなどはしっかりできてたんでしょうね

採用されるためなら嘘も平気でつくと本人が言っていたようですし😅

その人のことを思うとき、ふと友だちのことを連想します

その友だちも転職歴が多いです
しかも本人曰く、ブラック企業ばかりだったようで、自分は仕事がよくできるので嫉妬されて足を引っ張られることもあったとか。

自分に非は一切ないと本気で思っているようです

でも、私は思うのです
1社や2社ならともかく、そう何度も人間関係がうまくいかないのなら、自分にも反省すべきところがあるんじゃないのかと。

しかもえり好みして1部上場企業しか受けてないのにほぼ全てがブラック企業というのも、もちろん絶対にないとは言いませんが、ちょっと信じられません

けれど、本人の中では自分の考えが絶対なわけです

一度その友だちの自己中な部分に嫌気がさして、距離を置こうとしたときも、本人的には「価値観の違い」だと思ったみたいです

自分に悪いところがあるとは露ほども疑ってないんだなぁと思いました

私がその人の悪いと思ったところを羅列したとしても、きっと全く響かないんだろうし、むしろ、私が悪者になるんでしょうね

最近またそのプライドの高さに辟易していて、ちょっと連絡取らずにいます……

いつもいつも自責の念に駆られるのはよくないとは思いますが、絶対に自分に非はないと思いすぎるのも問題だなぁとしみじみ感じる今日この頃です