コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

パート先で片思いしていた上司への想いを断ち切りながらメンヘラな心の闇との戦いを繰り広げているコミュ障主婦の日々の出来事をただただ吐き出すだけの、ストレス発散ブログです

堀川アサコ 仕掛け絵本の少女

久々に図書館に行きました🎵

堀川アサコさんのことは、「幻想」シリーズを読んで知りました
最初は多分「幻想郵便局」だったと思います
基本的に私はファンタジー要素の入った作品が大好きです
あまりリアルを追求した小説よりも、現実にはあり得ないファンタジー要素の強い作品に惹きこまれます
なんかフィクションの中でまで現実世界の不条理や理不尽さを味わいたくない……のかもしれません😅
その点、ファンタジー作品は読後感が圧倒的にいいものが多いです

堀川アサコさんの文体は、普通に真面目そうに書いてるんだけど、所々笑いがちりばめられてるので、読んでてクスリと笑えます

で、何度も言うようにファンタジー要素が強い作品なので、現実的でない設定でぶっ飛んでます
主人公はたいてい普通の平凡な女子で、この作品でも平凡女子の中学生が主人公です

従弟のタカユキくんという、イケメンだけど気の弱い男の子が出てくるんですが……読んでて何となくボボさんを連想しちゃってました😆
いや、彼はとりたててイケメンではないんですけど、気の弱い優しい感じが、今の私には萌える😆

この2人と、仕掛け絵本から飛び出してきたカイという美少女の3人で南蛮仙人と戦うという、わけのわからないお話です😌

堀川さん的な物語だなって感じです(伝わんねー😆)

この人の作品は安定感があるので好きです
似た感じの雰囲気の作品ばかり、とも言えるかもしれませんが、そのテイストの好きな人からしたら、当たり外れがないとも言えます

重厚な作品ではないですが、手軽に気軽に読めるので暇つぶしにはうってつけです😆