コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

パート先で片思いしていた上司への想いを断ち切りながらメンヘラな心の闇との戦いを繰り広げているコミュ障主婦の日々の出来事をただただ吐き出すだけの、ストレス発散ブログです

ボボさんの気持ちの検証😌

ボボさんの熱い視線ばかりに気をとられていましたが、ボボさんはパフェさんに好きなことをアピールする力が弱いよな、と思うようなエピソードがありました

実は金曜日、パフェさんは得意先の臨時の担当者との間で少し意見が食い違い、ほとほと困り果てていました
臨時、というのはいつもの担当者が休みで、その日だけ別の方が担当されたようなのですが、その臨時の担当者がどうもおかしなことを言い出したらしく、パフェさんはどのように説明すればいいのか悩んでみんなに相談しまくっていました

その様子をボボさんも何気には見ていましたが特に口を出す様子もなく静観を決め込んでました

すると、そのパフェさんの困った様子を見かねたバズさんが、
「自分が代わりにそいつに電話して説明してやろうか?」
と言い出しました

バズさんは社交的で口も上手いですが、勝ち気なところもあり、腹が立つとズバズバはっきり相手にものを言うところもあるため、最初はパフェさんは、
「いや、大丈夫です。今後のこともあるしなるべく穏便に済ませたいんですよ~ 喧嘩したくないんですよ~」
とバズさんがけんか腰で話すこと前提で断っていましたが、

(そのやりとりを見ていて、パフェさん、何気に失礼だな、バズさんは何も感じないのかな、と少し面白く見ていた第3者の私😆)

何度断られてもめげないバズさん
「俺が電話してやるよ?」
と何度もパフェさんに提案、パフェさんも何となく流される感じで、結局バズさんがその担当者に電話し、アッサリ解決、という運びになりました

その間、ボボさんはずっと黙ったままでした

直属の上司はボボさんなので、パフェさんもちょこちょこ
「ボボさんも(臨時の担当者の言い分に負けて)わかりましたって言っちゃいそうですもんね~」
などと水を向けていましたが、ボボさんは1度もバズさんのように、代わりに電話してあげようか、などと言うことはなくひたすら黙っていました

ボボさんは案外、仕事に関してはこのようにシビア?なところがあり、パフェさんがかわいくお願いしても自分が損をするような場面では譲らないところがあります

たとえ好意を持っててもそれはそれ、これはこれ、って感じなのでしょうか……?

端から見ていると、まるでバズさんの方がパフェさんを好きで、積極的に介入したがってるのかなと思うほど何度も自ら売り込んでいて、実際それによりパフェさんの問題も解決したわけで、

私個人としても、そうやって自ら手を差し伸べてくれてパフェさんを助けてあげたバズさんを、頼りになるなぁ、男らしいなぁ、とついつい好意的に感じてしまったのですが、こんな場面で恩を売ると、ますますボボさんの評価がパフェさんの中でUpしそうなのに、みすみすパフェさんの感謝をバズさんに持ってかれるようにしちゃうなんてもったいないことするな、とボボさんに対して思ってしまったのですが、そういう野心?みたいなものはボボさんにはないんですかね……😅

飲み会のときは家が近いからとパフェさんの車で送迎してもらったりとプライベートでは何気に2人きりになるチャンスは作ってるので、それで十分ってことなんでしょうか……

そう、仕事ではシビアですが、雑談とかの場面では、割とパフェさんが絡む話題には口を出したり質問したりしがちなので、やっぱり好きなのに違いはないんでしょうね……😢

パフェさんには話しかけたがりますもんね、思い返せば返すほど😔

あ、でも、わざわざ合コン話をしたりしたのはどういう意図があったんでしょうね……

パフェさんに彼氏がいるのは知ってる感じでしたし……

合コン話のとき、パフェさんが
「お花見に誘ったらいいじゃないですか」
とか積極的に応援してる風な発言してたのをボボさんは一体どんな気持ちで聞いてたんでしょう……😅

結局あれはパフェさんに対する何アピールだったんでしょうか……

やはりボボさんって人がよくわかりません😅