コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

パート先で片思いしていた上司への想いを断ち切りながらメンヘラな心の闇との戦いを繰り広げているコミュ障主婦の日々の出来事をただただ吐き出すだけの、ストレス発散ブログです

パフェさんに暴露する、の巻

お昼休みに休憩室でパフェさんと2人きりになりました

新しく入ってくる予定の新人さんの話をしていて、イケメンだったらいいなぁ~という流れから
ボボさんの話題へ

パフェさん:(私の中では)ボボさんもイケメンに入るんですか?
私:ん~……まぁ、好みです
パフェさん:じゃあ私とは(好みが)被ることないですね

そっか~、パフェさんは顔もボボさんは好みじゃなかったかぁ……
(以前、この会社の中で誰が1番いいか、という話題になったとき、パフェさんは、中身は〇〇さん、という感じで答えていたので、ルックス的にはボボさんはありなしどっちなんだろうと少し疑問に思っていたのでした😅)

ここでふと魔が差した私……

ボボさんがパフェさんを3日連続でじっくり見ていた話をしてしまいました

「イヤイヤ、なんか話があっただけじゃないですかぁ~?」とパフェさん

他の人が入ってきたのでその人にも軽く話してみるとその人も、
「話があってもなかなか話しかけないでよく見たりするもんね~ そういう理由じゃないかもしれないし、まぁわかんないけど~」
というような感じで結局、うやむやになったのですが、パフェさんがその後少しボボさんの視線を気にするようになったのは多分間違いないとは思います

パソコン打ち込んだあと、ふっとボボさんの方を見たりしてましたから

どうなんだろう、目は合ったんでしょうか……👀

ちなみに、帰社する直前、やはりボボさんはパフェさんをねっとりと見てました

これはもう、間違いなさそうです😔

でもなんかパフェさんに暴露しちゃったので、少しスッキリもしてます

もちろん、それでパフェさんがボボさんを意識して両思いになるという展開もあるわけなので、余計なことをしたのは間違いないですが、自分だけの胸にしまっておくより、喋ってしまった方が軽くなったのは確かです

それに、本当にボボさんがパフェさんを見てるのかどうか、これではっきりすると思いますし。
それによってパフェさんがどう思うかはもうそのときの状況次第なので私の関知するところではないので、もういいです……

どのみちどう転ぼうと私の男になるわけじゃないならもうどうにでもなっちまえ!

ええ、半ばやけくそです😆