コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

パート先で片思いしていた上司への想いを断ち切りながらメンヘラな心の闇との戦いを繰り広げているコミュ障主婦の日々の出来事をただただ吐き出すだけの、ストレス発散ブログです

味気ない日々へ逆戻り

相変わらずボボさんはパフェさんを見るのに夢中です😅

見たくなくても隣の人に用があってふとその方向を見ると、熱心にパフェさんを見てるボボさんが目に飛び込んでしまうのです😅

今日は特にパフェさんといっぱいお喋りが出来てますます想いが募ったかもです

パフェさんも愛想よく応じてるし、まんざらでもなさそうに見えるのでなおさら……

仕事上のことではありますが、軽い見落としをボボさんとパフェさんがしていて、
「見落としてたのはボボさんと私の2人だけだったんです」
とパフェさんがみんなに喋っているのもなんかこう、「2人だけ」っていう言い方がなんか……
私の言いたい、ちょっとムカつく感じをわかってくれる人はいるでしょうか😆

2人だけが共有している、2人だけの絆がそこにあるみたいな気持ちにさせられるモヤモヤ感を😅

なんかいちゃいちゃしてるように感じてしまいました、今日は……😅

でも、ボボさんもおそらくそういうなにかしらを感じたんじゃないでしょうか
その証拠に私が室内に入ってデスクまで歩いて行く最中もお構いなしにパフェさんの方を見てました

人が室内に入ってきたときくらいは一応目をそらしとけよ、誰がいつ自分を見てるかわからないのに、とつい思ってしまいました😔

なんかホント面白くないです

ボボさんのことはもういいやって感じですけど、結局そうなったときに、仕事のモチベーションというか……何を楽しみに日々を過ごせばいいのかまったくわからなくなってしまって😅

いや、もちろんわかってますよ

仕事だけしてろよ

ってことはね😅

でもやっぱり今までが張り合いのある、何だかんだで楽しい日々だっただけにつまらなさもひとしおなわけで……💦

ただ、今日改めてボボさんとは合わないなぁと思ったこともあります

komyushou-shuhu.hatenadiary.jp



上記の記事に出てきた新人くんの話題になったときにボボさんが、
外出で2人きりになったときいちいちどうでもいいことをひっきりなしに話しかけてくるのがイヤだった 話しかけられたくない
という話をしていました

私は1対1になったときはけっこう喋ってしまうタイプの人間です

それに沈黙でも構わない、沈黙が苦にならないというのは、ある程度親密になってからの話ではありませんか?

まだ親しくない者同士が2人きりでどこかに出かけるときにずっと黙ったまま過ごすって私はあまり好きじゃありません

まるで親しくする気がない、あなたに全然興味持ってませんという宣言のように思ってしまうからです

相手と親しくないのなら距離を縮めるためにも多少のお喋りって必要じゃないのかと

少なくとも私はそう思ってしまいます

もちろん、多分パフェさんと2人きりだったら絶対ボボさんは自分からも積極的に話しかけるのではないでしょうか?

でも、相手が私とかだったら話しかけられるのもウザいと思われてしまうということなのでしょうね……

なんかボボさんが口を開くといちいち地味に傷ついてしまいます

合わない ホント……

でも、顔は好き……😅

このジレンマ、一体私はどうしたら……?😅