コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

パート先で片思いしていた上司への想いを断ち切りながらメンヘラな心の闇との戦いを繰り広げているコミュ障主婦の日々の出来事をただただ吐き出すだけの、ストレス発散ブログです

話しかけてわかること

午前中、早々に仕事がなくなったので、ボボさんに声をかけました

それまで他の人には多少の笑顔で応じていたボボさん、私の声かけに、完全無表情の冷め切った目を向けられました

その瞬間、悟りました

あぁ、この人は完全に私が嫌いなんだな、と

その後は何となく普通というか、それでもやはりこちらは極力見ないように接してきますが、あのときの、あぁ、そうか、と思った感覚は忘れないようにしないといけないんだろうなと思います

他の女性社員たちは、勘違いだよと言ってくれますが、こういうのは当事者にしかわからないものですもんね😔

多分、入社当時の挙動不審な態度もきっと、苦手なタイプだと思ったからだったんだろうなとあの態度を見て確信しました

社員さんたちと喋ってると、ホントにボボさんは単にLINE自体が面倒くさいだけで私自身のことは特に何とも思ってないと思いたくもなりますが、実際にボボさんに接すると、どうしても、この人は私と極力接したくないんだろうなと思い知らされます

ホントにこちらを見ようとしない

別に告白したわけでもないし、LINEだって土日は送ってないし、月曜日のLINEだって
「なんでこの会社を選んだんですか?もともとこういう仕事に興味があったんですか?」
という、そこまでプライベートに迫った質問でもなかったはずなんですが、ボボさんからしたら、しつこいしウザいし俺を追いかけ回すな、という気分にさせちゃったんでしょうね……

社員さんには、会社である程度仲良くなってからのLINEじゃないとダメだったのかもね、と言われましたが、会社で喋れないし、そもそももう、ボボさんは余計でも私とは喋りたくないと思うので、私も極力事務的に接するよう心がけようと思います

時間をかけて仲良くする、の時間のかけ方が多分ボボさんと私とで、長さもやり方も違いすぎるんだろうなと思います

そしてこういうのがまさに、価値観の違いってやつなんでしょうね

追いかけると逃げるタイプだろうね、というのは私も社員さんも共通認識だったので、まだ追いかけてくる、と思われないよう、細心の注意を払わないといけないなと思いました