コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

パート先で片思いしていた上司への想いを断ち切りながらメンヘラな心の闇との戦いを繰り広げているコミュ障主婦の日々の出来事をただただ吐き出すだけの、ストレス発散ブログです

わがままとこだわりの境目

朝、担任の先生と話す機会があり話していました

その中でタイトルの、境目を見極めるのが難しいという話をされました

実際、今回の黒Tシャツを拒否する話も本人に理由を聞くと、
「黒色が嫌い」「黒を着るとみんなに笑われる」
と言っていましたが、黒Tシャツを着てる子の割合の方が多いくらいなので、みんなに笑われるの意味も不明ですし、色の好き嫌いで着る服を選ぶというのも、それはわがままの範疇ではないのか、という疑問が残ります

療育の先生にも、イベントではきちんと着用してくれるのなら普段は妥協してあげましょう、と言われてるし、こちらも普段は一切強要してません

ただ、必要に迫られたときにも着用を拒否されるのは困りますし、しかもその理由がその色が嫌いだから、だとしたら、どこまでこちらは子どもの主張を尊重してあげるべきなのか……

療育に行ったときに相談してみる必要がありそうです

担任の先生が療育の見学に行きたい、とも仰ってました

そんなこと言われたのは初めてです😲

義妹はあの先生は嫌われてると言ってたけど、私的には色々と熱心に子どものことを考えてくれるいい先生のように思えます😌

もちろん、口が悪かったり怖いなと先生が子どもを叱ってる場面をみたときは思っていて、あの先生が担任になったら嫌かも~、でも何となくなりそう~、と思ったのは確かです😅
実際、担任になったので、何となくこちらからすると、やっぱり、って感じなんですけど😅

ただ、個人的にはうちの子のように言うことを聞かない子に関しては、怒ったときに迫力の出る先生の方がいいのかな~と思うので、今のところ担任の先生に対しての不満はありません😌

我が子もちゃんと先生の言うことは聞いてるみたいなので😆

今朝も少し涼しかったら「寒い寒い」と長袖を着ると言い出して面倒くさかったです

こういうのもどこまで尊重してあげるべきなのか難しいです😣