コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

パート先で片思いしていた上司への想いを断ち切りながらメンヘラな心の闇との戦いを繰り広げているコミュ障主婦の日々の出来事をただただ吐き出すだけの、ストレス発散ブログです

額賀澪 イシイカナコが笑うなら

高校教師の菅野京平が母校に赴任してきて、そこに現れるかつての同級生イシイカナコの幽霊と過去にタイムスリップして人生やり直し事業に参加する、という話

タイムスリップものはよく読みますが、本人以外の体に乗り移ってやり直しを図るという発想がまず面白かったです

しかも1人に限らず色々な体に移ってしまうという……

さらには女子になってしまったときにはなぜかしら過去の自分に告るはめになるというシュールな展開😆

いやぁ、過去の自分と付き合うとか絶対やだ😅

この菅野さん、教師としては有能で生徒からの人気も高い、ただ自分の気持ちが空っぽで機械的に動いてるだけという設定ですが、私からすると、表面上うまくいってるならよくない?と思ってしまったのも事実です

もちろん、自分が情熱に燃える仕事、やりがいのある仕事をするのってそりゃ理想ですよ?

でもそんなことが叶ってる人って一体どれくらいの割合なんだろう?

多かれ少なかれみんな自分の心を押し殺しながら機械的に仕事をこなしてる部分ってあるのでは?

菅野くん、青いな😆

とつい思ってしまいました

結果的にイシイカナコの自殺の真相も、知ってしまうと拍子抜けの意外なものでした

「やり直しはできないけれど失敗が許されないわけじゃない」
というのがどうやらテーマのようですが、失敗を許してくれない人もいますよね
結局は置かれた環境で最大限頑張るしかないってことかな

面白かったんですけど、いまいち共感しづらかったのは多分菅野くんの悩みが私からすると悩みに思えなかったからなのかもしれません

先述した通り表面的にはうまくいってるんですよ、仕事

単に自分の気持ちが追いついてないってだけで

表面的にもうまくいってないなら悩んだり過去をやり直したいと思う気持ちもわかるんですけど……

多分そこの動機が私からすると弱すぎて、考え方の幼い主人公がようやく現実を知った、くらいの話で収まったという印象になっちゃってるのかなと😅

内容自体は面白かったですけどね、コミカルだったしテンポもよかったと思います

多分、深みに少し欠けたのかな?
テーマからすると😌

ただ他の作品も読んでみたいと思わせるくらい十分楽しめるものでした😌

こういうさくさく読める作品好きです🎵