コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

パート先で片思いしていた上司への想いを断ち切りながらメンヘラな心の闇との戦いを繰り広げているコミュ障主婦の日々の出来事をただただ吐き出すだけの、ストレス発散ブログです

担任の先生と話してみた

やはり他の子のときも、保護者の希望で診断をつけるかつけないか決めるということがあったようです

で、担任の先生の見解ではやはり我が子は通級という形で行ったり来たりできた方がいいように思うと言われました

担任がそういう認識でいるなら今回診断をつけたことは無駄にはならなさそうなので、少し複雑ではありますがまぁ、よかったのかなと😌

「家で過ごす分には問題ないと感じられるでしょうが、それと集団生活はまた違います」
とはっきり言われました😅

正直、私の周りは診断をつけたり支援クラスで過ごすことをよしとしない人たちばかりです

なので自分の中でもものすごく迷いが生じていましたが、担任の先生の見解を聞き吹っ切れました😌

我が子の通うことになる小学校は非常に少人数の学校ですが、マンモス校よりもこういう小さな学校の方がよいという保護者の判断で発達障害の診断を受けた児童が通ってるようなので支援クラスも存在するはずと言われました

初めはあまりの人数の少なさに他の学校も考えるべきかと思った時期もありましたが、今となってはこの校区に住んでよかったのかなと思っています

一応、小学校が少人数なのをあらかじめわかっていたので今通ってる保育園はマンモス校を選びました😆

役員がないというのも魅力的です😆

その代わり小学校は役員が2,3回は回ってくる覚悟が必要そうです💦

子どもが1人だけなのでまだマシですけどね😌

……そういえば今度はピカチュウキャラ弁を作りました

ものすごく頑張ってなかなかよい出来になったはずなのですが、当の本人のリアクションがホントに薄い……😡

何なんだ、コイツは💢💢

大人の方がよっぽど褒めてくれます😅

こういうところも単なる性格だけでなく、人の気持ちがあまりよくわからないみたいな特性の問題もあったりするんでしょうか……

せっかく頑張って作っても喜んでくれないと作りがいがないですよね😡

もうちょい無邪気に喜んでほしいです😡