コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

パート先で片思いしていた上司への想いを断ち切りながらメンヘラな心の闇との戦いを繰り広げているコミュ障主婦の日々の出来事をただただ吐き出すだけの、ストレス発散ブログです

私は何も変わらないのに周りは日々移り変わる

早いものですね
もうすぐブログを始めて5カ月になろうとしています

もともとボボさんへの片想いに加えて同期からハブられることになり心がいっぱいいっぱいになったので、その発散のためにブログを始めたのがきっかけでした

それからその同期たちはみな辞めていき新しいパートさんが入り、私のブログを訪れてくれる人も少しずつ入れ替わっています

私は相変わらずボボさんをぼんやりと見ている日々です

もちろん、全く何も変化していないわけではありません

ボボさんとLINEでつながれるようになりました
やりとり自体はありませんが、ここは大きな変化です

そしてそのLINEの既読スルーをきっかけにしてボボさんと話し合いの機会を得、ボボさんが全く私に何の興味も持ち得てない現実を、実感として突きつけられました

だから納得して諦めようと自分の気持ちを一生懸命コントロールしていてある程度成功しているつもりです

でもやはりパフェさんと仲良く話してたり、リアさんやねーさんと楽しそうに笑ってたりすると、何とも言えない気持ちになります

私にはそんな楽しげな笑顔を向けてくれることはありませんし、あまり視線も向けてくれません

仕方ないとわかっていても、モヤモヤしてしまう
私にもその笑顔を向けてほしいとつい願ってしまう

諦めようと頭では思っているのにどうすればボボさんの意識をもっとこちらに向けられるのか心のどこかで考えている自分がいる

苦しいとか悲しいとかもうそんなに強い感情をボボさんに抱いてはいないつもりです

だけど、霧雨のように少しずつ私の心を濡らしていく
大丈夫大丈夫、このくらいなら大丈夫
そう思っているうちに気がついたらずぶ濡れになっている

小さなモヤモヤが積もり積もっていつの間にか心の大部分を占拠していく

いつも見ないふりをしています
深く考える前に思考をストップさせてそれ以上ボボさんのことを考えないように、その意味を突き詰めないように、その日の出来事を何も振り返らないよう細心の注意を払っています

だから……

だけど……

その2つの矛盾でいつの間にかその場に足踏みしてる

前に進もうとする自分と
後ろを振り返る自分

もはやどちらが前でどちらが後ろかその区別すらつかない

そうやって1人、ずっと同じところを動き回っている

いや、そう思っている間に知らず知らずどこか違うところにそっと移動しているんでしょうか

そして気がついたら全然違う景色が目の前に広がる
そんな夢のような出来事が起こりうるものなのでしょうか

その答えはいつ私の目の前に現れてくれるのでしょう