コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

パート先で片思いしていた上司への想いを断ち切りながらメンヘラな心の闇との戦いを繰り広げているコミュ障主婦の日々の出来事をただただ吐き出すだけの、ストレス発散ブログです

あなたの番です 15話 感想

久々にゾワッとしました😆

私は正直、日本のドラマを舐めてかかってます😌
海外ドラマのあのエグさに慣れてしまうと日本のドラマは何と生ぬるいことか、といつも感じていました

おまけに特に今は視聴者のクレームに配慮しまくっているので表現がどんどんまろやかに、そしてありきたりのつまらないところに落ち着いてしまってる、と思っていました

しかし、今回の放送の児嶋佳世さんの微笑んだ遺体が食肉レーンに吊されて近づいてくるシーン

なかなかにゾワゾワさせられました
久々に夜1人でトイレに行くのためらってしまいました😆

こういうグロい感じ、多分昔の方がたくさんあったように記憶しています

子どもの頃、えげつない話なんて日常的に放送されていました

ちょっと種類が違いますが、私が特に軽蔑していたのは何かというとすぐにレイプが行われること
普通の連ドラでも二時間もののサスペンスでもやたらとレイプシーンって多かった気がします

そういう類いのエグさは不要だし少なくなってきてよかったと思ってるタイプの人間ではありますが、人の生皮を剥ぐようなシーンだったり、人間をマネキンに作りかえるのを本当に胸とか丸出しの人間の女性に液体塗って……とか多分今だとクレーム入りそうな、うわぁ~、と引くようなシーンってすごくたくさん放送されてた気がします😅

どこまでが許容範囲かというのはなかなかに難しい問題ですが、けっこうこのドラマはそういう意味では攻めてる感あって私は好感が持てます

前回か前々回か忘れましたが、未成年者が幼児の首を絞めるシーンも流してました
これも現代のドラマにおいては流しにくいシーンだったと思います

そういう果敢に攻める姿勢は評価されるべきかなとも思います

私は別にグロさやエグさを求めてはいませんが、せっかくミステリーだかサスペンスだかを謳ってるものを作るのならば、平常心でへぇ~と思いながら淡々と見れるものよりも、ゾワゾワさせられ心が動かされるものの方が単純に面白いと思うってだけです

ネットでは黒島ちゃん黒幕説が若干多いのかなと思いますが、今までは否定的に思っていました

けれど前回線路から落ちて結局電車に接触することもなく助かる、とか彼女が意識が戻った途端に新たな犠牲者が誕生するとか、ネットで見たフィボナッチ数列に基づいた殺人だという推理だとかを読むと、何となく黒島ちゃん黒幕説もありかなと心が傾いてきてます😌

あと5話で終わりのようなので本当に色々な伏線が回収するのかそれだけが気がかりですが、これからもゾワゾワザワザワさせてほしいです😆