コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

パート先で片思いしていた上司への想いを断ち切りながらメンヘラな心の闇との戦いを繰り広げているコミュ障主婦の日々の出来事をただただ吐き出すだけの、ストレス発散ブログです

ダメだ 無理だ 耐えられない😣

久しぶりの会社でした

ボボさんはずっと外に出ていてお昼もいなくて、午後になってようやく姿を見ました

届いたFAXを机に置いてもこちらを一切見ようともしない

廊下で出くわして道を空けてもやはりこちらを見ようともしない

他の人には話しかけるし、ちゃんと見る



何だろう……
他の人とは私も普通に話しかけて喋ってすごく午前中楽しい気分だったんです

お昼の買い出しのときもリッチさんとお喋りしてて……

昼休みの終わりにパフェさんに
「ボボさんのことはもうどうでもいい感じですか?」
と聞かれました
「(私)さんはボボさんのこと普通に好きなんだろうなと思ってたんですよね。だから2人見てると勝手に自分までドキドキしてたんです」
とか言われたので
「普通に好きですよ。でもボボさん、すごくそっけないんですよね」
みたいな話も久しぶりにしました

その上で

上記の、人をまるで無視した態度

もちろん、偶然そんな態度なのかもしれません
特に他意はないのかも

でもやっぱりボボさんの態度に対峙した自分自身の気持ちが明らかにカァーッとムカつき、動悸がし、明らかに傷ついた自覚を認識してしまうにつけ、やはりこれは、故意なのではないか、悪意なのではないか、この人は私をわざといないもののように扱ってるんじゃないか、本人がどれだけ無自覚だと訴えようと、イヤ、本当に無自覚なんだとしても、私はこんな風に扱われることに我慢がならない

はっきりとそう思いました

せっかくずっと楽しい気持ちで過ごしてたのに……

めっちゃ水を差された
一気に冷や水を浴びせられた気分です

本当にわからない

一体私が何をした⁉️

そこまで存在をないがしろにされなくてはいけないことを私はしたの?

そんなにボボさんは私にとって気分を害するような存在なの?

意味がわからない

もちろん、ボボさんを特別視してるから余計ボボさんの態度が気になるというのはあると思います

でもそれを差し引いたとしてもやっぱりボボさんの態度は本当に傷つく

どうしても傷つかずにいられない

こんなに自分を傷つける人はもう無理かもしれない

普通の同僚としても扱ってもらえない感じ
なんか……理不尽極まりないと思ってしまう

これがボボさんの普通?

いや、違うはずだ

多分もう「普通」の同僚にすらなれそうにない
こんなにお盆休み明けから思いきり傷つけられるとは思っても見なかった

無理だ

ここまでないがしろにしてくる人はちょっと無理だ

私が何をしたかはわからないけれど、私の存在そのものが不快ならもういい

ちょっともう私も「普通」を期待することすら捨てなければどうしようもないのかもしれない