コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

パート先で片思いしていた上司への想いを断ち切りながらメンヘラな心の闇との戦いを繰り広げているコミュ障主婦の日々の出来事をただただ吐き出すだけの、ストレス発散ブログです

大切にしてくれない人を大切にしなくていい

だいぶ冷静に落ち着いて考えることが出来るようになりました

結局のところ、ボボさんの態度は、全く私を大切にしてくれてない態度なんですよね

ボボさんにはボボさんの主張があるんだろうけど、もし本当に罪悪感が原因で私の顔を見れなかったのだとしても、それを知らない私が自分の態度を見てどう考えるのかということは全く考慮してくれてない

LINEの既読スルーもそんなことしたら私が傷つくのが想像出来るのに行動を起こし、そのくせやましさだけは感じるのでやはりそこでも私のことを見ないという方法をとってきた

今回のこともそう
回すと言ってた請求書を新人くんが持ってることを知ったら私がどう感じるか想像出来るはずなのに無視してた
おまけにもしかしたらそのことをやましいと自覚してるからこそまた私のことを見ないようにしてた
そしてそうやって私を視界に入れない態度を見たら私が嫌な気分になるかもということはやはり一切考慮してくれてない

いつも同じ

しかも今回の請求書のことは特に、わざわざ私が今までのボボさんの態度を一通り全部説明した上で、こういう態度を取られると嫌われてるように感じる、無視されてるように感じる、と自分の取られたくない態度や今後の希望をきちんと伝えた直後に起きてることなので、ボボさんの中で、自分の態度によって私がどう感じるかとか傷つくかもしれないことは承知のはず

それでもボボさんは、新人くんに請求書を回すことを選択した

本当に怒らせたくない相手にはしないはずだ

結局私のことは怒らせても傷つけても平気ということだ

言葉ではいくらでも取り繕える
けれど行動は嘘をつけない

私は完全にボボさんから舐められてる
悲しいけれどそれが真実なんだな

ボボさんは私を尊重してくれない
私が不機嫌な態度を取ってる今は、ちょっとやり過ぎたかな、少しフォローしとくか、くらいの感覚なんだと思う

相性の合わない人も
自分を大切にしてくれない人も
苦手意識を感じる人も
片想いで脈なしの相手も

無理に仲良くしようとせず距離を置くのが正解だとどのサイトを見ても書いてある

出来れば仲良くしたかった
距離を縮めたかった

でもやっぱり無理みたいだ

もう無理はしたくない
これ以上自分を傷つけたくない

私をきちんと大切にしてくれる人たちに囲まれてゆっくりと傷を癒やしていきたい