コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

パート先で片思いしていた上司への想いを断ち切りながらメンヘラな心の闇との戦いを繰り広げているコミュ障主婦の日々の出来事をただただ吐き出すだけの、ストレス発散ブログです

知念実希人 神のダイスを見上げて

地球に向かい小惑星ダイスが接近している
衝突する可能性は低いと政府は述べているが、
もし衝突すれば人類滅亡するほどの威力であり
世界中で治安が不安定になっていく

そんな中、亮の姉圭子が殺された
ダイスの接近で世の中が混沌とする中、警察は
当てにならない
ダイスの衝突を信じておらずこの機に乗じて出世を目論む刑事岩田と協定を結び、亮は自力で犯人を見つけ自らの手で裁きを下すことを決意
圭子の恋人が犯人だと目星をつけ恋人探しを始める
そして犯人に裁きを下すためクラスで禁忌とされている四元美咲に連絡を取る


このような内容です

犯人は私にはなかなかわかりませんでした😅
姉と弟の絆が強すぎてちょっと引くほどですが
物語自体はとても面白かったです
ダイス衝突を信じる人たちと信じない人たち
自暴自棄になって自殺していく人たち
疑心暗鬼になってデモを起こす人たち
何かにすがりつきたくて宗教にハマっていく人たち
最期の瞬間に一体誰と過ごすか、過ごしたいのか……

私はやはり家族と過ごすんでしょうね
我が子と夫と……
でもきっと心のどこかで、ボボさんは今誰とどこで過ごしてるんだろうと気にかかるんでしょうね😅

本当にその瞬間に死んでしまうのならその前に好きだったって気持ちだけでも伝えたいとかやっぱり思ってしまうのかな

でも政府の公式見解は衝突の可能性は低いとなってる

それをどこまで信じるのか難しいところですよね

気持ちを伝えてもしダイスが衝突せずにまた日常が戻ってきたら……

その気まずさったら😅

でも本当にダイスが衝突して全てが終わるのなら悔いを残したくない

気持ちを伝えるところまではいかなくてももしかしたら電話くらいはしてみちゃうかも……

最期に好きな人の声を聞いてその声の余韻を心の中に残しつつ家族とそのときを迎える

それがベストかな😌

なぁ~んてことをつらつらと考えさせられました😆