コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

パート先で片思いしていた上司への想いを断ち切りながらメンヘラな心の闇との戦いを繰り広げているコミュ障主婦の日々の出来事をただただ吐き出すだけの、ストレス発散ブログです

藤石波矢、辻堂ゆめ「昨夜は殺れたかも」

ひと言でいうと「Mr.&Mrs.スミス」です😆
文中にもそれみたいという台詞が出てくるほど😌
つまりは夫婦同士で殺し合おうとする話です
しかもそれ、一言聞いてみればいいだけの話じゃない?ってことをそれぞれが妄想というか思い込みを膨らませすぎてどんどんおかしな方向に進んでいくという……

発端は、妻の咲奈が高価な香水やネックレスを自分に内緒で隠し持ってることや普段出歩くはずのない銀座で配られたポケットティッシュを持っていることに夫の光弘が気づいてしまい、その直後に同じ会社の女子社員から妻が若い男と歩いていたことを聞かされて妻が不倫しているのではないかと疑惑を膨らませてしまったことから

実は光弘はもともと共働きを望んでいたのに咲奈は夫を支えようと寿退社をしてしまい専業主婦になったのだが、一日中家にいることが性に合わずパート勤務をしていただけだったのだが、私からするともうこの時点で理解不能😅

だってそもそも共働き希望か専業主婦希望かって結婚前に話し合うべきことじゃないですか?

それもしないでまぁ、百歩譲って専業主婦になったところまではいいとしてとりあえず
「パート勤務したいんだけど?」くらいのことを言えない夫婦関係ってそもそもどうなんですか?

その時点ですでに破綻してやしませんか?😅
それでダメって言われたんだったら黙って働くっていうのも理解出来ますが、働きたいという希望も伝えずに黙って働き始めて、バレたら正直に話すつもりだったという妻の言い分に納得いかない😔

そんな風にもともとの意思疎通がうまくいかずお互いに思い込みで勝手に妄想を膨らませていくものだから夫は夫でどんどん妻への不倫疑惑を膨らませギクシャクした態度になり始め、その様子を見た妻はパート勤務がバレたんだと思い込み、さらにはパート勤務先で新しく派遣された女が1か月以内に店を潰すよう派遣会社に命じられて潜入したことを知りさらにはその派遣会社が夫の勤務先だとわかり、夫が自分が働いていることに気づき嫌がらせを始めたのだと思い込む……

そのような感じでどんどん相手に対する疑惑が膨らんでいき殺意が芽生えはじめ互いに互いの殺意に気づきますますヒートアップしていく……

そうやって互いに殺人未遂を次から次へとしかけては失敗していくわけです

何なんだろう、この人たち😅

けれど互いの誤解が解けたときにもう一つひねりが隠されていたのがよかったです😌

もうとにかく、一言、言えばいいことを言わないからどんどん糸がもつれてこんがらがる一方でものすごくもどかしかったです😅

言えよ、って😆

でも、片想いも似たようなもんです

相手のチョットした言動を勝手に自分で解釈して、こういう意味だったんじゃないか?こう思われたんじゃないか?と次から次に妄想していく
そして勝手に絶望して勝手に相手を憎んだり仕返ししてしまったりもする……

現実にありえる話なのかもですね

テンポがよかったのといつになったら誤解が解けるのがが気になりすぎて一気に読んでしまいました😌

つまりは、面白かったってことでしょうか😆

まぁ、おいおいっていろいろ突っ込みたくもなりますけど😅

そんな感じで軽い気持ちでスラスラ読めるので暇つぶしにはもってこいです😆