コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

パート先で片思いしていた上司への想いを断ち切りながらメンヘラな心の闇との戦いを繰り広げているコミュ障主婦の日々の出来事をただただ吐き出すだけの、ストレス発散ブログです

目が好きなのは致命的

チャットのお部屋で言われた言葉です

結局、管理者が抜けたお部屋は私たちだけのお喋りの場として使わせてもらうことになりました

検索許可をオフにしてご新規さんを入れない形

他に参加してる別の部屋でも荒らしが出たために、急遽、検索許可をオフにしたようです

そうやってどんどん自分たちだけの居場所が形作られていく

他の人に見られる心配がなくなったので、ボボさんのことを思いきり愚痴りました

面倒くさい男

と言われました
文章でちょっと語っただけでもやはりボボさんというのはそんな評価を受ける人なのですね😌

けれどタイトルのようにも言われました

まぁ、確かに顔を見るとどうしても目を見てしまうことになるから、そうすると私はボボさんをついつい好きだと感じてしまいます
カッコいいと不用意にも思ってしまう

だから今はとにかくボボさんを見ないようにしてる
会話中でさえも……

でもここまで私の感情を拗れさせたのも他ならぬボボさん自体です

私がボボさんを何とも思ってなかったときから変な態度をとってきて私の感情を乱した

ちょうど、この人、目はカッコいいんだな、と思い始めた頃だったから、私のそういう微妙な感情の揺れをいち早くキャッチして、私が自分を好きだと勘違いしたのかもしれません

もしそうならどこまで人の心の揺れに敏感なんだ😲

やはり鈍感力って必要ですね、そう考えると😔

ボボさんも私が会話中ですら見ようとしないから多分ムカついてると思う

でも、初期の頃は自分だって私のこと一切見ようとしなかったんだからおあいこだろうよ、とも思う😅

顔を見ないだけで、呼ばれたらキチンと返事もするし無視してるわけでもないし、そもそもボボさん自体がそういうビジネスライクな姿勢の方が安心じゃないの?と嫌味の1つでも言いたくなるくらい私の心は荒みきってしまっています💦

やっぱり「普通」がもうすでにできないと思ってしまう
だって私の「普通」とボボさんの「普通」は多分もう違うだろうし、私はボボさんに対して何事もなかったかのように「普通」に接することなどもう2度とできそうもない

ずいぶんと拗れてしまった

拗れに拗れて、もうその状態が「普通」になってしまってる

まぁ、もうどうしようもない
ある種、開き直るしかないのかもしれない