コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

パート先で片思いしていた上司への想いを断ち切りながらメンヘラな心の闇との戦いを繰り広げているコミュ障主婦の日々の出来事をただただ吐き出すだけの、ストレス発散ブログです

会話のときだけはボボさんを見ることにしました

昨日から、会話のときだけボボさんをキチンと見てます

少し気持ちが落ち着いてきて、ずっと見てしまうときっとまた揺れるだろうけど、仕事の用件で喋らなきゃいけないときだけ見ると決めてしまえば、大丈夫かなと考えました

実際、ボボさんを見ても、今のところ平常心を保っています
あまりマジマジと見ないようにもしてるし、それなりに「過去」の人になりつつあるのかなとも思います
カッコいい、という感情を今のところ全く感じていないので……

ボボさんも、私が自分をきちんと見るようになったとわかったからか、無視してたときより声をかけてきました
もちろん、仕事の用件ですけど……

今日は神棚の榊を取り替えたのですが、最初に神棚から榊を下ろすときにも控えめに
「大丈夫ですか?」
とデスクから声はかけてきました。
が、聞こえないふりで1度無視して、新しい榊をセットして再度神棚まで来たときには今度はきちんと神棚までボボさんもやってきて声をかけてきました
本当は「大丈夫です」と突っぱねるつもりだったのですが、神棚まで来て声をかけてくれたボボさんを目の前にすると、
「じゃあ……お願いします」
という返事になってしまいました😅
かわいげのない女になるつもりだったけど、失敗しました😆

湯呑みを回収するときもちょうどボボさんがみんなと、貰い物でまだ食べてないお菓子の話をしていて、「誰か食べない?」みたいな話をしていたのですが、私にも「食べませんか?」と声をかけてきました

でも、そうやって話しかけてくれるからとうっかり気を許すようなことがあればきっとまたボボさんは私を突き放しにくるだろうことは簡単に想像できるので、気を引き締めていかなきゃと思います