コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

パート先で片思いしていた上司への想いを断ち切りながらメンヘラな心の闇との戦いを繰り広げているコミュ障主婦の日々の出来事をただただ吐き出すだけの、ストレス発散ブログです

またパフェさんの「同じ」にちょいイラッとしつつ……😅

今日はボボさんがリアさんに市役所行きを頼んでいました

相変わらず私に話しかけたくないんだなと、でも深くは考えないようにしていました

その後リアさんが出かけた後パフェさんとOGさんのところに来て
「食べませんか」
とお菓子を持ってきました
お客様からのお菓子で、数日前にみんなに配られたものをボボさんはまだ食べていなかったようです
どうも色々な味の種類があったようでパフェさんが
「私たちは同じ味でしたよね」
とまたしてもパフェさんお得意のボボさんと「同じ」アピール

ちなみに私は違う味でした……😡

結局、2人ともに説得されてお菓子は自分のデスクに持って帰ってましたが、前から言っているとおりOGさんの向かい側が私の席なので3人が楽しく会話をしていると私は1人ポツン状態になるのです
こんなところで会話するな、とつい言いたくなる……

ただ、その後、私のところに仕事を持ってきました
なので、
「この前のは合ってましたか?」
と仕事の用件だから話しかけても問題ないはず、と話しかけてみました
「多分」と歯切れ悪く言うので
「多分?」と聞き返すと
「ざっとしか見てないので」と少し笑いました
私に向かってボボさんが笑いかけてくれたのは久しぶりで、悔しいけどやはりうれしくなる

それがあったからなのか、帰り間際に取った電話が、あまり聞いたことのない会社名で、用件としては、以前依頼していた案件が予定通りに進んでいるのかどうかという問い合わせだったのですが、担当者が不在だったためボボさんが代わりに出てくれました
「どこからですか?」と聞かれたのでその会社名を伝えたのですが、電話を切った後また確認されて、4,5回くらい……😅
いや、というか、そこ、そんなに重要⁉️💦
確かに、取引先の名前とは違う会社名からの問い合わせではありましたが、ちゃんと担当者がその会社名らしき名前を書類に書き記してたみたいで、OGさんがそれも伝えた上でボボさんに書類ごと渡して電話に出たはずなのに、で、ちゃんと話が通じたわけだから、その時点でもうそこまでその会社名って必要じゃないと思うのに、そこまでしつこく何度も会社名を確認するこだわりが私にはよくわかりませんでした……😅

今までやたらとパフェさんに何度も絡むと思ってたけど、こういうやりとりを経験すると、案外パフェさんにしつこく絡むのも、気に入ってるとかよりもボボさんのそういう変なこだわりというか、しつこさというか、本人のそういう気質によるところが大きいんだろうかとふと思ってしまった……💦

やっぱりこの人面倒くさい

ボボさんがOGさんに書類を返しに来たところで帰る時間になったので、いつもならボボさんを見ることもなしにみんなに向かって挨拶して帰るのですが、さすがに向かい側にいるボボさんを見ないというのも不自然なのかなとボボさんを見ましたが、ボボさんもボボさんで、こっちの顔を見たかと思えば下を向きまた顔を見て下を向き……悪く言うと、全身を上から下までジロジロ見るような形の、値踏みするような視線の向け方をされたので、なんかちょっと居心地悪い状態でそそくさと帰ってきました

結局、ボボさんに絡むのがいいのか悪いのか、なんか微妙ですよね😅

まぁ、でもやはりボボさんは面倒くさい人だし私にはいまいち理解しがたい人だということは改めて感じました💦