コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

パート先で片思いしていた上司への想いを断ち切りながらメンヘラな心の闇との戦いを繰り広げているコミュ障主婦の日々の出来事をただただ吐き出すだけの、ストレス発散ブログです

コロナの影響で偏見が露呈した話

うちの会社には中国人が働いています

その人には幼稚園に通う子どもがいるのですが、冬休みが終わってから今日まで全く幼稚園に通えていません

理由は、幼稚園から登園を控えるよう要請されているからです

そう、コロナの保菌者の可能性があるからです
もちろん、その人も、ウイルスの潜伏期間が二週間あるので、その二週間は快く応じたようですが、二週間を超えても、2月が過ぎても、幼稚園からは登園許可が下りないらしいのです
園長先生に尋ねてみても、
「いつ登園していいかハッキリと答えられない」
と言われ、挙げ句の果てには
「今、登園されても、いじめの対象になる可能性がある」
と言われたそうです

もし、いじめが発生したらそれをやめさせるのが先生の役割なのではないのでしょうか?
その先生が、今、登園してもいじめられるだけですよ?と言い放つなんてどういうことなのでしょう?

怖いですね……

その人や子どもが保菌してるならとっくの昔に会社の誰かしらがすでに発症してるはずですし、ホント、ただの偏見、差別、ですよね

こんな身近でこういう差別的な事例を耳にするとは思いませんでした