コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

パート先で片思いしていた上司への想いを断ち切りながらメンヘラな心の闇との戦いを繰り広げているコミュ障主婦の日々の出来事をただただ吐き出すだけの、ストレス発散ブログです

倫理観の違い

私は結婚している
けれど、片想いをしている
その人は私とどうこうなる気はないので、私の恋は実ることがない
もしも相手から好意を感じたとしても、おそらく相手からの告白など完全なアクションがない限り自分から動くことはきっとない
けれど、世の中の既婚者の中には、自分が離婚する気がなくても、好きなんだから仕方がないと当たり前のように告白する人がいる

なぜなんだろう?
すごく不思議だ
相手も既婚者ならその配偶者の将来、
相手がシングルならその相手自身の未来、
それらを自分のために犠牲にして、自分と一緒に先の見えない人生を歩いてくれ
自分が好きだと告白すると言うことは、相手にこう宣言してることになる、と私は思っている
もちろん、相手がYESというのならそれでいいじゃないかと思う人もいるだろう
でもそれは自分のエゴじゃないのか?
自分の欲や感情を優先してるだけ
本当にそこに相手に対する愛は存在してるの?

自分が相手に好意を仄めかす程度ならかまわないと思ってる
そこからどうするかはまさに相手次第だと思うから
相手が覚悟を持って自分と不倫関係になりたいと思うならそれもよし
けれど、自分の方から相手にそれを要求するのは何だか違うと思ってしまうのだ
そして、不倫関係にさせようと、好きな人がいる既婚者の背中を思いきり押しまくるのも私はチョット同意しかねるのだ

おそらくそれは私がもうボボさんへの可能性を全く感じないせいでもあるのだろう
いわゆる嫉妬?
可能性のある人がうらやましいから足を引っ張りたいのかもしれない

けれどやはり、私はその人たちの配偶者の気持ちも少し考えてしまうのだ
そこに愛はない、と必ず彼らは口にする
離婚する気はないけどただひたすら子どものためだけに一緒にいる
醒めきってるのだから他の人にトキメキを求める そう口にする
悪びれることは一切ない

あるいは、夫とは仲がいい けれども彼のことも愛してる
そういうパターンもある

いずれにしても、1度婚外恋愛を経験してる人は、片想いから関係を発展させようとする壁が本当に薄い
普通の恋愛と全く同じように考えている

好きだから告白する
好きだから付き合う
好きだから……

でも、普通の恋愛と同じように考えて本当にいいの?
じゃあ、結婚っていったい何?
あなたたちが仕方なしに一緒にいる配偶者の存在はいったい何?

私は婚外恋愛を否定する気は一切ない
けれど、「自分から」ガツガツ求めていく姿勢には同意しかねる
何だか違うと思う気持ちがどうしても拭えない
このわき上がる嫌悪感やモヤモヤはいったい何なんだろう

元の私に戻ってるのかもしれない
恋をする前の、不倫なんてあり得ないと思っていたあの頃の私

つまり、私の恋はもう本当に終わりを迎えたのかもしれません
だから一主婦として、不倫にたいしていい感情を抱かなくなってるのかもしれません

こういうところで自分の恋の終焉を実感することになるとは面白いことですね

終わっちゃったんだな、本当に……

今日も仕事の用件でねーさんと話してるときにボボさんが話に割って入ってきたので、ボボさんの方を見て確認したら、話し終えるやいなやサッと目を逸らされました

言っていいですか?

私がねーさんに話しかけてたのをもともと話に割って入ってきたのは


お前だろ!!


なのになんで私が見たら、サッと目を逸らすんだ? 感じ悪ぃーんだよ
すぐに逸らせたくなるくらいなら話しかけてくんなっつーの!

なんかホントどいつもこいつもムカつく😡