コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

パート先で片思いしていた上司への想いを断ち切りながらメンヘラな心の闇との戦いを繰り広げているコミュ障主婦の日々の出来事をただただ吐き出すだけの、ストレス発散ブログです

私って細かいことを考えすぎてますかね?

ボボさんのこと最近あまり話題にしないように心がけてましたが、ついついまたランチタイムにパフェさんたちに喋ってしまいました😅

自分が細かいことを気にしすぎてることはちゃんと自覚もあるのですが、パフェさんたちの反応を見てると、それがもっと大きくなる😅

でも仕方ないんです
細かい違いを気にするのが私の性ってやつなんです😣

そんな私の最近の細かい話😆

私は今までボボさんの会話とかボボさんとのやりとりは比較的よく覚えてる方でした
けれどボボさんは逆に
「そんな話しましたっけ?」
とか
「覚えてないです」
と言うことが多く、そういう点でイライラすることも多かったのです。
もちろん、これらは全て仕事上の話なわけですよ?プライベートな話をボボさんとすることは全くないので。
仕事の話に関してさえも、私とのやりとりは全然覚えてないのか、と思うことが本当にムカついてたわけです
どれだけ私のことに興味ないんだ、こいつは💢と思って😅

ところが、ボボさんを忘れようと思うようになってから、意図的と言うよりは多分ごく自然に、私の中でボボさんとの仕事上のやりとりがすっぽり抜け落ちるようになったのか、そこはいまいち不明なのですが、
「これ、〇〇さんに以前してもらったと思うんですけど覚えてますか?」
と声をかけられてもちっとも覚えてない自分がいて、ボボさんに頼まれた仕事なら覚えてるはずなのにな、と思うのにいくら考えても思い出せない……💦
「……苦笑」
結局笑ってごまかす😆

昨日も
「これ、〇〇さんに以前してもらったんですけど」
と言われましたが
「そうでしたか?」
と答える私
なんか今までは私の方が
「この前ボボさんとこういう話したと思うんですけど」
「そうでしたっけ?」
のパターンだったはずなのになんか逆転してるなーと思いながら話を聞いてました

正直、仕事自体は暇なのでボボさんが仕事を与えてくれること自体はありがたいことではあるのですが、一方で、もうボボさんと関わりたくない気持ちの方が強すぎて、ボボさんが仕事を机の上に置いてくれてるのを見る度に何だか複雑な気持ちになるのも事実なのです

まぁ、質問することがなければ、ボボさんがいない隙に、出来上がったものをサッとボボさんのデスクの上に置いておくだけなのでそんなに関わることはないんですけど、昔あんなにボボさんと関わりたくて仕方なかったときは全然私に仕事を回してくれる姿勢を見せてくれなかったのに、こっちが関わらなくていいと思い始めてからはちゃんと仕事を回してくるんだな、とその皮肉な結果に複雑な気持ちになるわけです

そういうのも多分他の人に伝えてもうまく伝わらない部分なんだとは思うのですが、私の中ではすごく脱力感を感じるというか……😅

バカみたいだなーと思ってしまうのでした😅