コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

パート先で片思いしていた上司への想いを断ち切りながらメンヘラな心の闇との戦いを繰り広げているコミュ障主婦の日々の出来事をただただ吐き出すだけの、ストレス発散ブログです

着実に自爆してる

根底にあるのは怒りなのか悲しみなのか恐れなのか、結局なんなんだろう

鬼滅の刃以外にもボボさんとパフェさんの間では漫画の貸し借りが行われていたようです。

私に聞かせないで欲しい
そういう話は。

で、ボボさんは何か注意するときやお願いするときだけ私に話しかけてくる。

普段のコミュニケーションが全くないのに、そういうときだけ話しかけられて気分のよい人っているのかな?

社内の人から見たら、私が一方的にボボさんに嫌な態度を取ってるようにみえるかもしれない。

でも難しい。

今の私は何だかとてもボボさんが怖くて仕方ない。
この怖さの正体が、過去のトラウマなのか、ボボさんそのものなのか、よくわからないけれど、怖がっているのは確か。

そして多分怒ってもいる。
いや、怒り……なのかな。
冷めた諦めのようなものだ。枯れ葉のような生気のない歪み。

心は静寂なのだ。
しんと張り詰めた空気がそこら中を支配してる。

わからない。

ボボさんとは顔も合わせたくない
喋りたくもない
だから、見れない。
ボボさんを多分今日はほぼ一切見なかった。
見たい気持ちより怖い気持ちが占領してる。

この恐れがどこから来るのかわかりかねている。
でもきっと過去だ。
過去の傷ついた私が、今一斉に怖がってる。

自爆しかかってる
どう考えても。

でももうきっとそれを望んでる。

思いきり嫌われてしまえ、と心のどこかで願ってる。
そうすればもう余計な夢など見なくてすむ。
可能性に僅かでもすがってしまうからいつまでも忘れられなくて苦しいんだ。

どのみち今の状態は嫌われるよりなお苦しいじゃないか。

嫌いじゃないけど、やりとりはしたくないしあまり話したくもないし仲良くする気もない。

それってものすごく中途半端で残酷だ。

仲良くはしない。
でも嫌いじゃないよ。

それって私は幸せですか?
優しいんですか?

いや、違う。

実際に電話すればボボさんはお喋りしてくれる。
仲良くなれる余地を与えてくれる。

それが怖いの?

自分の意志で可能性を断ち切るという状況に恐れを抱いてるんだろうか。

だからボボさんに嫌われたからもう連絡が取れないって状況を作ってそれを言い訳に、終わらせようとしてるんだろうか?

あぁ、もしかしてそうなのかな。

せっかく仲良くなれるかもしれないチャンスの芽を自分で摘み取ったと思いたくないの?
ボボさんのせいにしたいの?
責任を取りたくないの?

卑怯者だな、私って。

そういう恐れなの?
自分で可能性を潰そうとしてるのを恐れてるの?
飛び込む勇気もないくせに。
壊す勇気もないのか。

仕方ないじゃん。

だって怖いよ

仲良くなりたいけど仲良くなるのは怖い。
でも、普通の上司と部下の関係もキツい。
ボボさんの中で私の存在が無になるのも怖い。
忘れられたくない。
特別であってほしい。
ボボさんの中に残りたい。

苦しい……

苦しくなってばかりだ。
恋になんて落ちるもんじゃない。
いいことなんて何もない。

平凡だった日々が懐かしい。
もうしばらくは戻れない。
苦しい日ばかりだ。

でもたぶん前進はしてる。
目に見えないほどのスローペースだけれど。
だからまだまだ辛いけど、きっと乗り越えられる。

いつか、大きな恋をしてたと懐かしく思える日がきっとやって来る。
それを考えると泣けちゃうけど。
でも大丈夫だ。

現在は必ずそのうち過去になる。

そうやって今までも生きてきた。