コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

パート先で片思いしていた上司への想いを断ち切りながらメンヘラな心の闇との戦いを繰り広げているコミュ障主婦の日々の出来事をただただ吐き出すだけの、ストレス発散ブログです

よくわからないけど考えてはいけない

今まで、ボボさんは私とふいに出くわすとちょっとリアクションがありました。
けれど、この前は何のリアクションもなくこちらを見ることもなく淡々と通り過ぎていきました。

私をどういう形であれ意識するアクションを起こすのはやめようと思ったのかもしれません。

自己チューなのは承知で、つい思ってしまいます。

私が無視するのはいいけど、お前が無視するなよ💢と💦

ここのところ、あれこれ考えるんですけど、冷静に振り返ってみると、なかなか私はボボさんからひどい扱いを受けてるんじゃないかと思ってしまうんですよね。

LINEの返事も私には返さない
私とはあまり話す気もないし仲良くする気もない

これがですよ、ボボさんとパフェさんの関係のように、社内である程度仲良く喋れる関係性で、その上で、私がさらに、デートに誘うとか同僚の範囲以上のことを求めてきた、という状況ならそうやって言われるのも納得は出来るんですよ

でも、私とボボさんは、普段から全く喋らない関係性で、信頼関係も築けてないような間柄で、確かにその状況でLINEしたり電話しようとするのがボボさんからしたらすでに同僚の範囲以上のことを求められてると感じたのかもしれませんが、私からすると、同僚としての関係性もしっかり築けてないのにそこまで拒絶されなきゃいけなかったのかな、そこまで私は逸脱してたんだろうかという部分で全く納得できていないんですよね

だからこそ、ボボさんに対して激しい怒りを感じるし、許せないと余計にでも思ってしまうのかもしれません。

まぁ、ただ、今文章にしてみると何となくボボさんの気持ちもわかったような気がしましたよ😅

社内では喋らないのにLINEとか電話したがるってのは確かに距離感おかしいかもしれない💦
面倒くさい奴だと思うだろうし、変に執着される前にビシッと断っておこうと思う気持ちもわからないではない……

でも私が社内で話しかけてもそっけない態度で全然相手してくれなかった……

どちらが悪いわけでもないんだろうけど、結局、合わないってことだったのかな

今日も終始、ボボさんの方は見ないようにしていて、リアさんと喋るときに、支店長の話になったので支店長の席の方を見ながら喋ったらボボさんもそちらの方向なのでこわばった顔でこちらを見られてしまいました。

何か自分のことを喋ってると思われたのかもしれません。

今までは、どうにかしてボボさんに近づこうとそればかり考えていましたが、その考え方は改めました。

結局、そうやって私が近づこうとすればするほど、ボボさんから、傷つく言動を受ける。
つまり、ボボさんは敵襲を防御するためにバリアを張るわけですよね。
私はボボさんから見たら敵なんですね
敵がまた自分の陣地に踏み込もうとしてる
だから排除しようとする

それを懲りずに何度も繰り返して来ましたが、さすがに私もいい加減、傷つくことを避けたくなりました。ボボさんが近づくな、と態度で示してくるのなら、最初から近づかなければボボさんも攻撃してこないはず。

そうやって自分の心を守りたい
ボボさんもボボさんで単に防御していたのかもしれませんが、私からしたらものすごく痛い攻撃の連続だった

防御が最大の攻撃、とはよく言ったものです

私ももう疲れた
ボボさんに近づく勇気はもうない
傷つきたくない

ボボさんに傷つけられることで、昔のトラウマまですっかり出てきてしまったので、余計、今はもうボボさんと関わる勇気がありません

苦しい気持ちはあります

ボボさんと喋りたい気持ちもあるし喋るとうれしいと思ってしまう

でも、もう努力はしない

自分からは近づかないしなるべく関わらない
自分の心が悲鳴を上げる
ボボさんのこと好きだけどとても怖い
ボボさんと仲良くしたいけど近づきたくない
そういう相反する気持ちが出てきて、圧倒的にマイナスの感情の方が強く出てくる。
だからどうしようもない。

ボボさんにはどのみち拒絶されてるんだし今さらどう思われるかなんて気にしても仕方ない

自分の心を守れるのは自分しかいない

今はそれに専念するべき時なのだろう