コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

パート先で片思いしていた上司への想いを断ち切りながらメンヘラな心の闇との戦いを繰り広げているコミュ障主婦の日々の出来事をただただ吐き出すだけの、ストレス発散ブログです

わかりやすいな

今日、ボボさんがみんなに向かって説明する場面がありました。

頷きながら説明を聞いているパフェさんに視線を向けることがやはり多く、私には一切視線は向けませんでした。

わかりやすい人ですよね

お前が無視してるんだから俺もお前を無視してやる、って感じなんだろうなと思いました

けれど、今回の無視は理由がきちんとわかってるのでもう大丈夫なのです。

人間は理解できないもの、わからないものに対して不安を抱く

入社してほとんど接点もないのにボボさんから透明人間扱いされて、存在を無視されてると思い悩んだ頃は理由がわからないから怖くて仕方なかった

なぜそんな扱いを受けなければいけないのか?
私が一体何をしたというのだろう?

人は理由がわからないままで過ごすことが苦痛なのであれこれと理由を模索してしまう生き物らしい

モテる系の動画で見ました😆

だからこそボボさんのことを考える時間が増えて、ただでさえ単純接触効果が大きくなってきた頃にボボさんが集中的に私を見つめる事件が起こって一気に恋心が募ることになってしまった

けれど、ただの同族嫌悪に過ぎなかった
ボボさんは私に同族嫌悪の感情を持っている
だから私のことを見ないようにしているし私と関わらないようにもしてる

自分の嫌いなところは誰だって見たくもない

現在ボボさんが私にくれている仕事は一切コミュニケーションを取らなくても問題ない仕事だ

決まり切った定型のものなのでボボさんは書類を机の上に置いておけばいいし私は何も質問することもなく作業して出来上がればボボさんの机の上に置いておけばいい

何も言葉を交わさなくても成立する仕事
それだけを私に回してる

仮にも同じ職場で同じ部署にいる人間に
「あなたとはあまり話す気もないし仲良くする気もない」
と堂々と言える神経
質問文のLINEを思いきり既読無視してしまえる神経

そこには、自分の仲良くしたくないという感情だけで、それを言われたりされたりする私の「感情」は一切無視している

そう、ボボさんは私をいつだって無視してる
ないがしろにしてる

そのくせ指摘されれば、「自分の発言とかは何も考えずにすることが多いから気にしないでほしい」とのたまう。

まさにいじめっ子の言い訳じゃないですか

そんなつもりじゃない、とか気にしなければいい、とかそういうやつ

最初の関係性に戻っただけ

だけど、理由がわからずにされてた以前と、すでに理由がわかっててされる今後じゃ私が受けるダメージの量は全く違う

それに、今回は私が、自分の意志で選んだ

ボボさんとは仲良くしない、と
仲良くする方が長期的に見た場合苦しくなると私自身が判断した

だからもう不必要に傷ついたりはしない

大丈夫だ
私は案外強い