コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

パート先で片思いしていた上司への想いを断ち切りながらメンヘラな心の闇との戦いを繰り広げているコミュ障主婦の日々の出来事をただただ吐き出すだけの、ストレス発散ブログです

愛内里菜 Naby Blue

90Sから20Sにかけて、小室ファミリーに代表される、アップテンポで声が高い曲が量産された時代という記憶があります。

なので声の低い私はカラオケでもはなからこのあたりの曲は無視して、探すときも80Sの曲を探したりしてました。

けれど、YouTubeで懐かしいなぁと自分が思ったりする作品は意外にもこのあたりの作品でもあったりするのかなぁと思い始めました。

確かに青春時代に当たるような年代ってこのあたりかぁ……(遠い目😅)

で、この曲
正直他の愛内里菜さんの曲はそんなでもないのですが、この曲はすごく好きだったのを覚えてます

当時、作家になりたくて小説を書いては投稿してた😆
で、そのときもこの曲を頭にリフレインさせながら書いてました😆

懐かしいです、本当に

あの頃はまだ未来に可能性や希望を持ててた
若いからまだ何にでもなれるはずだと色んな夢を見てた

そういう青かった自分をすごく可愛かったなとしみじみ思い出します😌

過去を懐かしいと思い始めた私は多分だいぶ老いてきてるんでしょうね

戻りたい過去は一切ないくらい輝いてた時代って全くないけどあの頃の自分は自分なりに必死に生きててそのときの最善の選択をしながら懸命に足掻いてたなととても微笑ましく思い返してます

恋愛も全然うまくいかなくて結婚してる自分とか誰かに愛されてる自分なんて上手く想像出来なかった

自分が嫌いすぎて自分の遺伝子なんて絶対残したくないと思ってた

毎日苦しくて泣いてばかりいた

けれどすべては「過去」だ
このブログを書いて昔を振り返ってる「現在」の私もすぐに「過去」になっていく

また10年20年経ったときに、ボボさんに振り回されて苦しい今の状況も、懐かしいなぁと振り返れるようになってるのかな

今は想像出来ないけれどそうなっていくんでしょうね

すごく不思議です