コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

パート先で片思いしていた上司への想いを断ち切りながらメンヘラな心の闇との戦いを繰り広げているコミュ障主婦の日々の出来事をただただ吐き出すだけの、ストレス発散ブログです

狩猟場が同じだと結果も変わらないのではと思ってしまう

個人に対して批判したいわけではないことをまず述べておきます

その上で、とある婚活してるブロガーさんのブログを読んで感じることがあります

それがタイトルのことです😅

その方は基本的に婚活アプリで婚活されてるようです。
で、結果が出ないと悩んでおられる

だからといって、婚活アプリ、という手段を変える気は微塵もなさそうです

もちろん、複数の婚活アプリを使いこなすこともありだとは思います
ただ自分の経験上、他の登録者もこっちのアプリがダメならじゃあこっちにしてみようと同じように複数のアプリを使ってたりもするものです。
つまり、あまりメンツに大差ない場合も多い

私自身も20代の若い頃はカジュアルな方法、出会い系サイトだとかの無料で利用できるサービスや市町村が運営してる無料の結婚相談所といったものを有効活用していました。

けれど、カジュアルに利用できるところにはカジュアルな気持ちしか持ち合わせていない人ってやっぱり多いものです

市町村が運営してる結婚相談所にしても、そこでのお見合いパーティーなるものに参加してみましたが、みんな口を揃えてこう言うわけです
「自分はそこまで乗り気じゃなかったんだけど親がうるさいから入会しました」と。
私は結婚したくて自ら進んで入会しましたが、やはりこう言う人たちはまずやる気に乏しい
それが見て取れる
しまいには私そっちのけで男同士で会話が盛り上がったりして、何しにきたんだ?状態

もちろん、中にはカジュアルな方法で運命の人に出会える人がいることも知っています

けれど、もし何人に会ってもうまくいかないのならその狩り場が自分に合ってないのかもしれない

その方は知人に結婚相談所を勧められたときショックを受けたようですが、気持ちはもちろんわかるんですよ
高額な費用がかかるから。
そこまで金をかけないと自分は結婚できないような人間なのかとおそらく自分の価値を貶められるような気になるのだと思います。

私も決めかねてたときにネットの婚活サイトなるものを複数見て回りました。
本気で結婚したい人向け、との触れ込みのものです。
でも、多分これは同じ人だろうなと感じる登録者が登録してるのを発見したわけです。
本気で結婚したい人向けなので複数のサイトに登録しないでくれ、的なことが書いてあるにも関わらず、です。

やはり費用があまりかからないカジュアルな方法のところにはカジュアルな気持ちの人が来るんだろうなと思いました。

もちろん、カジュアルな方法が悪いとは全く思いません。ただ、こういうのはご縁や相性の良し悪しだったりもするので、自分自身の魅力が足りてないだとかだます女が悪いだとかの前に単純に婚活アプリという手段そのものがその人に合ってないだけかもしれない

学校や職場でもその集団ごとに特性ってありますよね
自分に合う人たちが集ってる場所かどうかはその場所だけにとどまってると案外わからないものです。

もちろん、ブログに取り上げてるのが婚活アプリの記事が多いだけで他の手段も取っているのかもしれませんが、読んでる感じでは何となく、その婚活アプリという方法だけに固執して、うまくいかないことをウジウジ悩んでるように見受けられたので、狩り場を変えてみればいいのにな、と正直なところ思いました

まぁ、東京みたいな都会に住んでらっしゃるのなら、他の婚活アプリに変えてみるだけで全然違う種類の人たちと出会えるのかもしれないのでそこは何とも言えませんが😅

そんな風に私はその人の状況をきちんと把握しているわけでもなくあくまでも記事を読んで感じたことにすぎないので自分の記事に書いてみました😆

あと、狩り場という表記が不適切だと不快に思われる方がいらっしゃったら申し訳ありません。

こんな余計なお世話的なこと書くべきじゃなかったと思いますが、なんか……言いたかった😅

たぶん私自身が婚活うまくいかなくて色々と右往左往してきたからつい口を挟みたくなっちゃうんでしょうね

ごめんなさいです<(_ _)>