コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

パート先で片思いしていた上司への想いを断ち切りながらメンヘラな心の闇との戦いを繰り広げているコミュ障主婦の日々の出来事をただただ吐き出すだけの、ストレス発散ブログです

行動が心を作る

こういうのはもともとモテる系の動画でよく取り上げられてることなんですけど、人間の脳は、好きだからドキドキする、と、ドキドキするから好き、を区別できないと。

だから、自分と一緒にいるときに相手をドキドキさせる状況を作ることで相手の脳に、この人を好きだからドキドキしてるのだと誤帰属させれば相手を好きにさせることが可能だと。

そういう意味では私の今の状況は、ボボさんを見たくないから見ないのか、見ないから見たくなくなってるのか、もはやわからなくなりつつあるなと感じます😅

ただやはり、相手を見ない状況や関わらない状況を意識的に行うことで、より一層ボボさんに対するマイナスの気持ちが加速しつつあるかもしれないとは感じています😅

そうやって考えるといじめとかもそういう感じの側面もあるのかもですね

最初はいじめっ子の方も軽い気持ちでからかってただけのことが回を重ねるごとに相手を嫌いだという気持ちが加速してそれに伴い行動もまた加速していく
そして、嫌いだからいじめるのか、いじめるから嫌いになったのか本人にもよくわかんなくなってくるのかもしれません

まぁ、やられる方からすれば迷惑極まりない話ですが。

実は今日タロット占いを見ていて、
「執着を手放した先には愛だけが残る」
と言ってる人がいてずっと考えてました。

私からボボさんへの執着を取り除いたら何が残るんだろうと。

この前もチラと述べた気はするのですが、相手から音信不通にされたり脈なしっぽい言動をされたり別れを切り出されてもなお、諦めない人が一定数いるようなのですが、その人たちにとってそこまでそのお相手の方は気も合うし相性も合うと感じられる人たちなのだろうかと。

正直、私からボボさんへの執着を取り除いたらそこに残るものはただの気の合わない上司という位置づけだなぁと思ったんです。

恋愛感情があったから、ボボさんに近づきたい、話したい、もっと関わりたいと思っただけで、それがなくなったとしたら、私はボボさんと仲良くなりたいと思うだろうか、友だちでもいいから側にいたいとか感じるだろうかと。

答えはNOだろうなーと😅

私の脳はボボさんの言葉をうまく拾えないし話がいつも噛みあわない。
ボボさんの嫌味なものの言い方とか、なんでこんな言い方するんだろうと思ってカチンとくることも多いし、ボボさんの人への好き嫌いの多さや愚痴っぽい感じも好きになれない。
上司として頼りにもしてない。

そんな人と仲良くしていきたいかって、無理だろうとしか思えない……💦

逆によくそこまでボボさんのこと悪く言えるのに好きだよなと感心するほどですが😆

まぁ、そのようなわけで、結局自分が何を言いたかったのかもよくわからなくなってきましたが、少なくとも人間的にずっと仲良くしたいと思える人ではないから、というか、私とは合わない人だなと感じるから、執着を手放そうとしている私はボボさんとせめて仕事仲間としては良好な関係でいたいという気持ちすらもてずにいるのだなと改めて考えたのでした。