コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

パート先で片思いしていた上司への想いを断ち切りながらメンヘラな心の闇との戦いを繰り広げているコミュ障主婦の日々の出来事をただただ吐き出すだけの、ストレス発散ブログです

恋愛相談にハマる

YouTubeです
タロットもそうなんですが、私はこういうのは辛口系が大好きです。

ズバッと核心を突いてめちゃくちゃぶった切ってくれるとスッキリする😆

それで辛口系の恋愛相談にただ今絶賛ハマり中なのです

見てると思います
主観と客観ってこうも違うものなのかと。

相談メールを読んだあとに
「これのどこに脈を感じたん?」
とか
「諦めろ!」
とかバサッと斬り捨ててくるのがまた面白い😆
意外と?かなりの正論なんですよね
正論って押しつけられるとかなりイラッとなることも多いですけどバサバサ斬っていくから小気味よいし、こっちは他人ごとなのでそうだそうだと同意してしまう😆

でも自分にもちょっと当てはまるような相談のときももちろんあってそこをバサバサ斬られると、やっぱりそう見えるよね~と少し刺さる😅

多分私もボボさんとのことをもし相談したとしたら
「脈も何もかなりハッキリ断られてるじゃん。これのどこに脈を感じた?」
ってやはり言われるんだろうな😅

ただ、もう本当に自分の中でボボさんのことは終わったなと感じてはいます。

失恋した元カレのことが忘れられないという相談のときにその人が
「忘れる必要はない。環境が変わって新しい人たちとたくさん会うようになれば自ずと相手の優先順位は下がる。そうなれば自然とその元カレがどうでもよくなる。そのためには新しい環境に飛び込んでいくこと。同じところにいて相手と顔を合わせてたらいつまでも優先順位が変わらない」
という趣旨のことを言ってて、でも社会人になると早々環境なんてコロコロ変えられねーよとも思ったわけですが😆でもつまりは色んな人と交流しろってことですよね、環境を変えないとしても。
色んな新しい刺激を取り入れていくことで古いものが自然と下に押しやられる。

私は環境そのものは一切変わってないけど、少しずつ自分の状況は変えていこうとしてる。新しい人たちにリアルには会えてないけどYouTubeとかでお気に入りのものをどんどん更新していって新しい刺激を取り入れる

リアさんと本来の自分の仕事に加えて徐々にライルさんが積極的に私に仕事を回してくるようになってきて暇な状況が改善されてる

それだけでもボボさんのことをぼんやり考える暇もなくなるのでありがたいことです。

しかもライルさんみたく少しずつ少しずつやることを増やしていくやり方は、私のことを少しずつ信用してくれて少しずつ任せてくれることが増えてきてるという自分の中の自尊心もくすぐってもらえる。

ボボさんはいったん何かを私に教えても数回ですぐ仕事を回してくれなくなったり回すと言ってた仕事をいつの間にか他の人に回してたり、私には仕事を任せられないという判断なんだなと自分に自信をなくすということも多かった。

ボボさんは私の自尊心を下げるけど
ライルさんは私の自尊心を高めてくれる。

現在、ボボさんは基本的にOGさんと新人さん、パフェさんに仕事の話をすることが多い。
私の中ではここがもう、1つのグループのような位置づけだ。今まではこのグループに自分も入りこみたいと悪戦苦闘してきたが、スッパリと諦めた。
むしろ、諦めてホッとしてる。
私は話の噛みあわないボボさんと話すのが正直苦痛だったしボボさんの仕事は面倒くさい。
ボボさんは基本丸投げだ。
相手にすべて任せるというと聞こえはいいが、ただの丸投げ。
それが出来る人でないと仕事を回したくないというのがおそらくボボさんの基本姿勢だ。
だからこそ私に仕事を回す気すらなかった。

一方、リアさんやライルさんは、私が出来る部分は私にさせて、私が出来ない最後の仕上げの部分はきちんと自分たちですると線を引いて割り切ってる。
これはこうだからこういうふうにやってください、という大まかな形をきちんと提示してくれるので私はそれに従ってすればいい。

料理でいえば、材料を切ったり混ぜたり下茹でしたり、そういう部分はアシスタントの私の仕事で、最後の仕上げは調理師であるリアさんたちが行う。
ボボさんはその最後の仕上げまで全部任せたいから最初からアシスタントという立場には仕事を回さずにちゃんと調理師の立場の人にしかさせようとしない。そんな感じ。

でもアシスタントと調理師、2種類の人間がいるのならうまく使い分ければいい。
リアさんやライルさんみたいに、仕上げは自分たちがするからその前まではアシスタントにさせる。
自分がアシスタントを現場に放り込んできたのならなおさらアシスタントの活かし方をもう少し考えて欲しかった。そう思います。

まぁ、何はともあれボボさんとコミュニケーションを取る必要性もなくなった今、私は意外と安心してる部分もあるというのは事実です。

つまり、無理してた。

合わないとわかってる人と何とかわかり合いたくて仲良くなりたくて無理してた。

無理する必要がなくなったことが何だかすごくうれしい。

結局、恋心なんてものもただの錯覚だったのかもしれないと思えてきます😊