コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

上司への片想いにけりをつけ趣味のカラオケやら問題児の我が子のことなどをとりとめもなく綴る、ただのストレス発散ブログです

ボランティアのおじさま来たる

毎朝我が子についてくれてるボランティアのおじさまが我が家にやってきました。

少しアクシデントがあったようで、それを心配して訪ねてきました。で、そんなときに連絡できた方がいいからと連絡先を聞かれたので教えることになりました。

どうやらそのおじさまの身内に、学校であれこれあって結果的に不登校になってしまった子がいるようです。なのでみんなと一緒に登校しようとしない我子を気にかけてくれてるようです。

遅刻しそうになるたびに車で送って行ってることについても、
「自分としては遅刻はしてもいいと思ってるからなるべく車ではなく集合場所まで来させてほしい」
と言われたのですが、ありがたいことではありますが、そこに関しては、他のおじさまと意見のすりあわせをしてから言ってほしいとも思いました。
なぜならその日、他のおじさまからは
「来るのが遅い」
とチクリ嫌味を言われたばかりだったからです。

他の子たちも我が子が来るまで待ってるので、遅いと困るのはわかります。だからこそ遅くなりそうなときはあらかじめ連絡して車で送ってるわけです。
先に他の子たちが出発しておじさまだけが待機してくれると言うのならともかく……いや、それはそれでプレッシャーだし💦……とりあえず我が子もあまりプレッシャーかかるとすぐに頻尿になってしまうので、難しいところです。

まぁ、でもおじさまの気にかけてくれてる気持ちはわかったのでそこは少し安心しました。

そうやって周囲の人の愛情を受け取って少しずつみんなとも登校できるようになればいいんですけどね。