コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

上司への片想いにけりをつけ趣味のカラオケやら問題児の我が子のことなどをとりとめもなく綴る、ただのストレス発散ブログです

逃げれば追いたくなるというやつなのか

新年に入ってから、ほぼ毎日のようにボボさんが何かしら用事を頼んでくるようになりました。

今まで私が一生懸命何とかボボさんに近づこう、話しかけようと努力していた頃はそれこそ逃げ腰で、仕事の面でもろくに接点を作ろうとしなかったのに、私が努力を放棄したら、ボボさんが何か仕事を与えない限り私とボボさんとの間には会話するきっかけが生まれなくなったわけです。

私はもうそれでいいと思ってるので、ボボさんが誰かと話していても一切そっちを見ることも輪に入ることもしません。

もともと男性陣とはそんなに話すきっかけもないし私自身がそこまで男性陣と仲良くするタイプでもない。
給湯室で偶然鉢合わせしたら一言二言話す程度。
だから私がボボさんと話さないことも全く不自然ではありません。

全然関係ありませんが、この前パフェさんが仕事の件で男性社員さんにお願いごとをしていたのですが、そのお願いごとの流れで連絡先を聞こうとしていて、すごく自然に連絡先をゲット出来る流れに持っていけるその手腕に感心させられました。
あ、もちろん、その人をパフェさんが狙ってるとかそういうことではなく、本当に仕事の用件で、だったのですが、おそらくこの会社内でパフェさんが1番色んな人と繋がってると思います。
なんか連絡先を聞くあの自然な流れを聞いてると、納得します😆

まぁ、それはさておき、私は今、ボボさんに対してなるべく接点を持たないように心がけています。
先ほども述べたように、ボボさんが私に用事を頼まない限り、私とボボさんとの間には会話するきっかけが生まれません。
それまでボボさんは私に対して仕事もそんなに与えようとはしてこなかったし、基本的にOGさんを相棒にしてる状態なので、私さえボボさんに近づかないよう注意すれば、ボボさんとはほとんど話すことがなくなる……はずでした。

なのにどういうわけか、ほぼ毎日のようにボボさんが何かしら頼んでくる……

どうした?

ファンを失うのはつまらないという心境なんでしょうか。

話す気も仲良くする気もないとまで言ったくせに。

まさに追えば逃げる、逃げれば追う状態。

ちょうどこの前、まぶたがびっくりするほど腫れて、リアさんにもすぐに気づかれたほどだったので、あまり誰とも話したくないと思っていた矢先、案の定というべきかボボさんが用事を頼んできたので、それまでは一応はきちんとボボさんとしっかり顔を合わせて返事をしていましたが、もう一切ボボさんを見ずに返事をしました。
ボボさんがどう感じたかはわかりませんが、これでまた私と距離を置いてくるならくるでもういいやと思っています。

まぁそもそもが距離置いてるし😌

たまになるんですよね、アレルギー症状なのか、まぶたが腫れまくることが。たいていは半日で治るのですが、今回はなかなか治らなかったので、病院で塗り薬もらってきました。

ボボさんはパフェさんがマスカラの色を変えてたらそのことにすぐに気づくくらい意外と人のことをよく見てる人なので、顔を合わせたらまぶたの腫れにも気づかれて笑われたらイヤだったのでどうしてもボボさんを見れませんでした。キャラ的に私のことは笑わないような気もしますが、基本的にボボさんはデリカシーのない人なので油断ならない……😅
これ以上ボボさんに傷つけられたくないので防御もきちんとしてしまいます😔

とりあえずボボさん的にはおそらく私に歩み寄ってるんでしょうし、それは伝わってくるんですけど、私はもうそれを望んでないんですよね。
ホントに合わない2人だ。
しみじみそう思います。