コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

上司への片想いにけりをつけ趣味のカラオケやら問題児の我が子のことなどをとりとめもなく綴る、ただのストレス発散ブログです

上司の器じゃないよね

よく考えてみたら、ボボさんの対応ってどうなんだろう。

部下の1人が自分を無視してる。
そんなときに、話し合おうとするわけでもなく、同じようにその部下を避け、その部下に回してた仕事を少しずつ回さないように、関わらないようにしていく。

上司という観点で考えたら、クソじゃない?

しかもその部下はもともと、自分に好意を持ってたはずの人。
ずっと仲良くしたいと自分にグイグイ詰め寄ってきてた人。

結局、厄介払い出来たくらいの気持ちしかないってことか。

ようやく一切関わらないようにするチャンスが訪れたって?

やっぱり嫌われてたんじゃん。

あ、いや確かにほんの少しはご機嫌窺うような真似してたっけ。

それでも機嫌が治らないからもうほっとけーってか。

まぁ、でもいいや。

私の態度に同じように返してくるってことは私の態度を気にしてることの証拠でもある。

よく、無視に無視で返すより大人の対応する方がいいとかってあるけど、それの意味がボボさんの反応見たらわかったような気がします。

確かに無視で返されるとまたこっちもムッとするしイヤな気分になる。

でも同時に、こうも思ってしまう。

あぁ、この人、気にしてるんだって。
効いてるんだって。
私の攻撃に確実にダメージ受けてるんだって。

気にしないようにされた方がこちらも楽ではあるけれどもそういう意味では手応えがなくて面白くないかもしれない。
自分の攻撃がまるで効いてないのかなって。
全くこっちのこと気にされてないのかなって。

でも、反応があると、手応えを感じてしまう。
気にしてるんだ、こいつってにやりとしてしまう。

まだまだ大人の対応しながら距離を置くという芸当が出来かねる心境ですが、ボボさんの様子を見てると、無視、はまだ相手を意識してる証拠になってしまうなと反省はしました。

でももう無視というよりは自分の世界や視界から自然に消してるという状況でもある。
まだ多少意識はしてしまってますけどね。
もう少し時間が経てば完全に無意識にオフできるようになるのかな。