コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

上司への片想いにけりをつけ趣味のカラオケやら問題児の我が子のことなどをとりとめもなく綴る、ただのストレス発散ブログです

東京リベンジャーズ

27巻までのネタバレ含みます。

 

 

今はマイキーを助けるために過去に戻ってきてるわけですが、言い分はもちろんわかるんです。

マイキーだけ不幸なのはイヤだって。

 

でも、思うんですよね。

マイキーを助けるために、ドラケンが死に千冬はペットショップを辞め、三ツ谷くんはデザイナーになれるはずの賞を蹴る。

それぞれが自分の未来を差し出して仲間を救う。

美談なのかもしれません。

実際、三ツ谷くんが賞を蹴るところで感動したという人がいました。

 

でも私は一切感動できなかった。

むしろモヤモヤしてしまった。

本当に自分の未来を差し出すことが美徳なのかな。

ドラケンなんか命まで落としてる。

 

多分、私が何者にもなれなかったからこそなんだと思う。

これまで就職活動もうまくいかずに苦労したし賞というものに応募したこともあったけど一切引っかかることもなく自分は特別ではないと思い知らされてきた。だから、賞を蹴る、という選択肢を選ぶ人にムカつくのかもしれない。

 

当時、就活をスムーズに通過していいところに就職した人が案外簡単に転職したりした。自分のしたいことが違ってたって。

逆に私はせっかくどうにかこうにか入れたところを辞める勇気はもてなかった。人ってそういうもんなのだろう。

 

どこにでも行ける人は、その場所をあっさりと捨てられる。

どこにも行けない人は、その場所に執着する。

 

だから私は自らの未来をあっさりと棒に振って友情を優先させる人たちにいまいち共感できないのだろう。

 

漫画なんだから何も考えなくてもいいのに。

つい現実的に考えてしまう。

 

でもやっぱり私には出来ないな。