コミュ障主婦の孤独な会社生活と片思いの記録

コミュ障主婦のメンヘラかまってちゃんな日々の記録

パート先で片思いしていた上司への想いを断ち切りながらメンヘラな心の闇との戦いを繰り広げているコミュ障主婦の日々の出来事をただただ吐き出すだけの、ストレス発散ブログです

私のトリセツをようやく掴んだだろうか

ボボさんが何となくこちらを気にしてる感じは正直してます
たぶん、同じチームなのに私だけがそっぽ向いてる状態が居心地悪いのかなと思います
私がリアさんの方を見ると目が合うことも増えてました

そして今日、ボボさん宛の電話を受けてボボさんに回したのですが、その後ボボさんが外出することになり、着替えたあとまっすぐにこちらに向かってきたので顔を上げるとボボさんが
「〇〇さんから電話がかかってきたら……」
と私の顔を見て話し始めました

この時点で私はかなり内心動揺してます😆
なぜならいつも、どこそこから電話がかかってきたら……などという話を私に向かってすることなど1度たりともなかったからです
たいてい、私以外、もっと言えば電話を受けることの多いパフェさん(パフェさんは電話を取るのが早いので電話を受けることが圧倒的に多いです)に向かって話すことが多いのに、私に向かって、しかもしっかりと目を合わせて喋ってきたので、私じゃないだろうと解釈することすらできない状態で話してきました
「電話がかかってきたら内容を聞いておいてください。早口なんでちゃんとメモっとかないとダメですよ」
そう最後までこちらをしっかりと見たまま去って行きました。

おかげで、その番号から電話がかかってきたときパフェさんに負けてはならないと勝手に闘志が湧いてしまい、しっかりとパフェさんより先に電話を受けて内容を聞きました……

何となくボボさんの罠にかかってる気がする😅

ボボさんが戻ってきてからも何かの話でパフェさんたちがボボさんの話をしてそっちを見てたのを私も一緒になって見てると何だかずっと目が合ってました

私の中で思うことは2つです

ようやくボボさんが、私に向かって話してないことに関しては無視してることに気づいて、過去の2人での話し合いの内容などもぼんやりと思い出し、コイツはそういえば自分がかまわれてないと感じると拗ねるんだったと気づいて多少はかまう姿勢を見せてきた

あるいは、穿った見方をすると、

視線を合わせさえすれば私がまた自分に夢中になるのをわかっているのに私がなかなか見ようとしないから、接点を増やすことにより私の視線をまた自分に引きつけることで、自分への興味を再度かき立てさせてやろう

どちらかなのかなと

ボボさんは天使かそれとも悪魔か😅

でもそんな意地悪な気持ちじゃなくても、何となくボボさんと目が合う回数が増えたことを考えると、ボボさん的に、自分が目をしっかりと合わせてやればコイツは喜ぶし機嫌が直るはず、とどこかで思ってるんじゃないのかなと思ってしまう私がいます

1度私に好意を伝えられたと思ってたくらいだから私がボボさんを悪くは思ってないはず、むしろ異性としてビンビンに意識してるはず、という意識は本人の中に存在してるような気はします

だから最近の私の態度を、自分が見てないからかな?とか、かまってないからかな?という捉え方をする可能性はあるのかなと

実際、何度もブログでも触れてますが、私はボボさんと接したりすると面白いくらいモヤモヤしてしまうのでボボさんにそういう目論見があるとすれば成功しちゃってる💨

でも、ボボさんが積極的に私に関わろうとしてくれば来るほど苦しくなるから、だからこそ私はボボさんに期待するのもやめたし関わりを持とうとしたり見つめすぎたりするのをやめてるのにこのままではどんどんモヤっていく一方だ

ボボさんが何を考えてるのか全く掴めない

ただ、私が自分を無視してるらしい状況は変えてやると思っていそうなことは伝わってきます😅
まぁ、仕事の用件は普通に話してるので無視でも何でもないわけですけど。

やっぱりボボさんもちやほやされたいのかな?
ちやほや要員がいなくなるのは寂しいから自分を好きなままでいてほしいだけなんだろうか

ボボさんの真意が掴めず、モヤモヤだけがどんどん蓄積されていく……

これは何だかマズイ状況かも知れない💦

現役のパート社員より元社員を重宝するのはお得なのかな?

OGさんが優秀なのはわかってます。
私ができない仕事をOGさんならこなせるというのも理解してます。

でも、OGさんはいわば過去の人です
この会社の仕事内容がイヤだからと辞めた人です
もちろん、断り切れない性格なのか、本当は求められる感じが心地いいのか、しばらくは辞めないだろうとは思いますが、かといってずーっと勤め続けるという保証もないような人です

それなのにOGさんばかりに仕事を与えて重宝しまくる。
私にこれからは回すと言っていた請求書などの仕事もほぼOGさんに回してる。

確かに私はパート社員でやれる仕事にも限りがあるし使い勝手は悪いかもしれない

けれど、現役の社員であることに変わりはない
普通は現役の社員を育成しようとするものなのではないの?
なぜいつまでも辞めた人に固執して、仕事も全部そっちに回して私のこと干してるの?
それで私の仕事に対するモチベーションがどうなるか想像も出来ないの?

今はまだコロナの影響で雇用も不安定だし人間関係も悪くないので辞めたいとまでは思わないけれど、仕事へのやる気はすっかりなくなってます

結局私を活用する気など全くないのだなとボボさんにも失望してるし今までは暇な時間があるとせっせと色んな人に何かないか聞きに回ってましたが、今はもうどうでもいいやという気分です

とりあえずはリアさんの顧客の入荷実績作りがあるしライルさんところの入荷実績作りも頼まれたりはするので暇な時間はそういうものに充てるようにしてるので、なるべくダラダラと時間をかけてそういうのをこなしてます

ボボさんはやる気があるなら正社員と同じ仕事を任せてもいいですよ、それが出来ないなら回せる仕事はないです、みたいに言ってましたが、正社員と同じ仕事をするなら、待遇とか給料を同じにしてくれなきゃ今のご時世はダメなはずですよね?
でもたぶんここの会社は未だに有給取るときにも理由を述べなければならないし、忌引すらありません。
女性は昇進も出来ないような古い体質の会社なのでおそらく同じ仕事をしたからといって同じ給料にしてくれることもないでしょう。

損する一方じゃありませんか?
それがわかってるのに同じ仕事をしたいとはどうしても思えません。
しかも、それで私が使えるようになった途端に急に仕事をくれるようになったとしたら、それはそれで余計でもムカつきそうです💨

なのでもうやめました
ボボさんへの期待も

だからOGさんに請求書などを回してるとわかっても、へぇ、やっぱりそうか、という感じでしたし、もう開き直って、今日帰りに何を買って帰ろうかとか夕飯は何にしようかとかそんなことばかりをずーっと考えて過ごしました。
おかげでいつもは買い忘れがよくあるのですが、今日は何度もシミュレーションしたおかげで買い忘れもなく順調に買い物が出来ました😆

主婦パートなのでそのくらいのゆるさで仕事ができればいいやと思えばいいんだなと何となく思いました😅
私をこのようなモチベーションにしたのは他ならぬボボさんです

OGさんが辞めたとしても私をつなぎとして一時的に使うことはあるかもしれないけれどずっと重宝しようとはしないとわかってるので、なんかもういいです

そうやって社員のやる気を削いでしまう上司って何なんでしょうね

私は振り子か

少しでも刺激を受けると途端に揺れ始める💦

ボボさんに月末の請求をまとめた表の金額がおかしいと指摘を受け、どれのことかわからなかったのでボボさんのデスクに近寄りました。PCの中を覗かないといけなかったのでどうしても近づかざるを得ない。

で、それはボボさんがその金額を記載してたからその通りに打ち込んだと告げたものの、ボボさんが電話を始めたので自分の席に戻りました。

でも電話を終えると
「え、ホントにそう書いてました?」
とまた尋ねてくる。自分の手元にそれらの書類があるのだから黙って確認すればいいのに尋ねてくるものだから
「なかったですか?書いてあったはずですけど」
と再度ボボさんのデスクに近寄らざるを得ず。

で、やはりボボさんが金額を間違えてただけだと判明し「すみません」と謝られたので自分の席に戻りました。

月末は銀行行きもあるのでボボさんにお金をもらったり、何となくボボさんと関わることになってしまい、家に帰るとモヤモヤするという、何だかいつものコース😅

やはりダメみたいです。

ボボさんと喋ったり関わってしまうと自動的にモヤる💦

ボボさんも私が好意的に接するとシカトしてるくせにこちらがシカトしてるとさりげなく接点を持とうとする非常に厄介な性質の人なので余計心の揺れが止まらなくなる……

揺れたくない
でも揺れる
自分でコントロールできないのが辛い
どうにかしたい

はぁ……

我ながらしつこくてイヤになります💦

意思疎通とは観察力なのか?

今日は午前中、書類の打ち込みをしていました。
で、ライルさんの顧客にそれをfaxしなければならないのに番号が記載されてなかったので、コピー機の前に来たライルさんに声をかけました。

すると、私が用件を言う前に
「〇〇の連絡先でしょ?ちょっと待ってください」
と言われたのです😲

一言も喋ってないのにですよ?
心の中を見透かされたかのような、打てば響くを通り越して打つ前から響いたことのこの感動✨

私が書類を手にしていたのを見て瞬時に私の言いたいことを察したのでしょうね

きちんと相手を観察して想像する。
普段の私のやってる仕事内容などからも推察は可能だろうから、私のことを普段からきちんと見てるんだろうなと思いました。

ボボさんとはどれだけ言葉を交わしてもちっとも相手の言葉が脳に届かないというのにライルさんとは言葉を交わさずとも意思疎通が図れたというのが、なんか本当に新鮮というか感動というか、意思疎通が上手く図れるというのはまさにこういうスムーズなやり取りのことなんだなと妙に感心してしまいました😆

ボボさんの方を今日も全く見ずボボさんがみんなとお喋りしてるときも一切見ないし笑わなかったのですが、最後に少しだけボボさんがこっちに来て、
「明日これお願いしますね」
とこちらと目を合わさないように言ってきました。

話しかけにくい気持ちはわかりますが、私からしたら、私とは話す気もないし仲良くする気もない、と言った以上はこちらが話しかけにくい状態の態度になっても仕方ないんじゃない?とムカつく気持ちもあるし、ボボさんなりに少し様子伺い的な、全く一言も喋らないのもどうかと気遣う気持ち、優しい姿勢を見せてきたのかなと考えてしまうと苦しくなってしまうわけで、なんか自分のあり方がよくわからなくなります。

でも、ボボさんに関わりたくないと思ってしまう気持ちがあるのは事実で、その自分の気持ちを無視するのは結局自分のためにならないとも思う

いずれにせよ、
ライルさんとの今日のやり取りのスムーズさとかを経験してしまうと、本当に私とボボさんとではわかり合えないんだろうなと感じてしまいます

ボボさんは普段の私を全く見ていないし話も聞いていない。
だから余計コミュニケーションが図れないんでしょう

そして、お互いに話す気にならない関係性である以上これから先も私とボボさんは上手くやり取りできることなどないのだろうと何だかとても実感してしまいました

単純にタイプじゃないだけだ

新人さんはよくこっちを見ることがある。
べつに今の時点で好かれてるとは思わないが、私が愛想よく新人さんに接すれば接するほど、どんどん懐いてくるかもしれない、という予感めいた感覚はある。
けれど、私はこう言ってはなんだが、新人さんの見た目があまり好きではない。
なので、懐かれないように、新人さんのことをあまり見ないようにする。
露骨に無視するようなことはもちろんしないが、愛想を振りまくと好かれそうな雰囲気があるので、そんなに愛想は振りまかないようにしてる。

結局、ボボさんの私に対する位置づけもそれなんだと思う。
好かれたら困るくらい単純にタイプじゃない。

ボボさんはあまりにも露骨に避けたり無視するような、こちらの感情を逆なでするようなやり方をしたから余計私に執着されて失敗したのだろう。

仕事の面でもパートだから与える仕事がないというのがボボさんの言い訳だったが、辞めたOGさんを引っ張ってきた時点ですべて言い訳に過ぎなかったと自ら証明することになった。
OGさんは今現在フルタイムでもないパートタイムの時間で働いているからだ。
結局、私が戦力にもならないし、戦力として育てる気もないだけ。
だからいつまで経っても辞めた人に固執する。

私が結婚してるから仲良くしないというのも言い訳に過ぎない。
結婚こそしてないがパフェさんは彼氏持ちだ。パートナーがいるという部分では共通してるのにパフェさんとはマンガ本の貸し借りをするほど個人的な接点を持っている。私とLINEでやりとりするのは夫に悪いのに、パフェさんと仲良くするのは彼氏さんに悪いとは思わないのだろうか?
だからすべて言い訳だ。

そうやって言い訳しまくって、
与える仕事もない
LINEの返事も返さない
話す気もない
仲良くする気もない
そこまでハッキリと近づいてこないでほしいと意思表示してきてる人に、それでも仲良くしたいと近づいたなら、それはただの嫌がらせなのだろう。

ボボさんに接すると自分のただでさえ低い自己肯定感がさらにガリガリと削られる。
自分が必要とされてない、認めてもらえないと認識することほど悲しいことはない。

感情論抜きで、自分の自尊心を削ろうとする人に自ら接近することほど馬鹿げたことはない。
ボボさんが私を認めてくれなくても、私を必要としてくれる人はいるはずだ。

何となく冷静になりつつある自分がいる。
そろそろ呪縛が解けてきてるのかもしれない。

長かったけど今度こそ本当に終止符が打てるのかもしれない。

そうなってほしい。

だいぶ友だち連れ、子供連れ、増えた

今日はおひとり様っぽい人は見かけませんでした。ドアの隙間からチラリと覗く姿は複数人いるところばかりで、トイレでは子どもにも出くわしたので、だいぶカラオケも日常の雰囲気に戻ってきた印象です。

では、今日の成果🎵

93.857 安全地帯「ワインレッドの心」
音程 94% 表現力 74点 抑揚 53点

92.888 Cocco「星の生まれる日。」
音程 90% 表現力 75点 抑揚 54点

91.526 大黒摩季「チョット」
音程 90% 表現力 74点 抑揚 51点

91.286 Aimer「春はゆく」
音程 89% 表現力 78点 抑揚 56点

91.265 三代目J Soul Brothers「冬空」
音程 85% 表現力 80点 抑揚 58点

91.146 Aimer「Cold Sun」
音程 87% 表現力 78点 抑揚 56点 

90.548 King Gnu「The hole」
音程 87% 表現力 83点 抑揚 60点

90.500 aiko「花火」
音程 86% 表現力 67点 抑揚 42点

90.426 Official髭男dism「I LOVE…」
音程 87% 表現力 79点 抑揚 58点

90.318 スキマスイッチ「奏」
音程 87% 表現力 72点 抑揚 51点

90.294 三代目J Soul Brothers「恋と愛」
音程 82% 表現力 76点 抑揚 55点


でした。

やはり抑揚の点数が伸びないせいで表現力の点数が低く全体の点数にも響いてる気がします。

抑揚つけてるつもりなのになぁ……💦

曲によって自分の声の雰囲気も微妙に変わってるような気もしてるのですが、自分的にはヨルシカの歌を歌ってるときの自分の声はすごくカワイイ感じに聞こえます😆逆にワインレッドの心とかAimerやCoccoの歌あたりは野太い声に聞こえる😅
錯覚かな?

自分の声を録音したい欲求はあるのですが、やはり恥ずかしの方が勝ってしまう😅

で、今日は全33曲中90点以上が11曲。少ないですねー
というか、先週26曲で今週33曲って本当かな?💦同じ時間でこの曲数の差はけっこうな違いじゃない⁉️何か数え間違ってるんでしょうね😅

よくわからないけど考えてはいけない

今まで、ボボさんは私とふいに出くわすとちょっとリアクションがありました。
けれど、この前は何のリアクションもなくこちらを見ることもなく淡々と通り過ぎていきました。

私をどういう形であれ意識するアクションを起こすのはやめようと思ったのかもしれません。

自己チューなのは承知で、つい思ってしまいます。

私が無視するのはいいけど、お前が無視するなよ💢と💦

ここのところ、あれこれ考えるんですけど、冷静に振り返ってみると、なかなか私はボボさんからひどい扱いを受けてるんじゃないかと思ってしまうんですよね。

LINEの返事も私には返さない
私とはあまり話す気もないし仲良くする気もない

これがですよ、ボボさんとパフェさんの関係のように、社内である程度仲良く喋れる関係性で、その上で、私がさらに、デートに誘うとか同僚の範囲以上のことを求めてきた、という状況ならそうやって言われるのも納得は出来るんですよ

でも、私とボボさんは、普段から全く喋らない関係性で、信頼関係も築けてないような間柄で、確かにその状況でLINEしたり電話しようとするのがボボさんからしたらすでに同僚の範囲以上のことを求められてると感じたのかもしれませんが、私からすると、同僚としての関係性もしっかり築けてないのにそこまで拒絶されなきゃいけなかったのかな、そこまで私は逸脱してたんだろうかという部分で全く納得できていないんですよね

だからこそ、ボボさんに対して激しい怒りを感じるし、許せないと余計にでも思ってしまうのかもしれません。

まぁ、ただ、今文章にしてみると何となくボボさんの気持ちもわかったような気がしましたよ😅

社内では喋らないのにLINEとか電話したがるってのは確かに距離感おかしいかもしれない💦
面倒くさい奴だと思うだろうし、変に執着される前にビシッと断っておこうと思う気持ちもわからないではない……

でも私が社内で話しかけてもそっけない態度で全然相手してくれなかった……

どちらが悪いわけでもないんだろうけど、結局、合わないってことだったのかな

今日も終始、ボボさんの方は見ないようにしていて、リアさんと喋るときに、支店長の話になったので支店長の席の方を見ながら喋ったらボボさんもそちらの方向なのでこわばった顔でこちらを見られてしまいました。

何か自分のことを喋ってると思われたのかもしれません。

今までは、どうにかしてボボさんに近づこうとそればかり考えていましたが、その考え方は改めました。

結局、そうやって私が近づこうとすればするほど、ボボさんから、傷つく言動を受ける。
つまり、ボボさんは敵襲を防御するためにバリアを張るわけですよね。
私はボボさんから見たら敵なんですね
敵がまた自分の陣地に踏み込もうとしてる
だから排除しようとする

それを懲りずに何度も繰り返して来ましたが、さすがに私もいい加減、傷つくことを避けたくなりました。ボボさんが近づくな、と態度で示してくるのなら、最初から近づかなければボボさんも攻撃してこないはず。

そうやって自分の心を守りたい
ボボさんもボボさんで単に防御していたのかもしれませんが、私からしたらものすごく痛い攻撃の連続だった

防御が最大の攻撃、とはよく言ったものです

私ももう疲れた
ボボさんに近づく勇気はもうない
傷つきたくない

ボボさんに傷つけられることで、昔のトラウマまですっかり出てきてしまったので、余計、今はもうボボさんと関わる勇気がありません

苦しい気持ちはあります

ボボさんと喋りたい気持ちもあるし喋るとうれしいと思ってしまう

でも、もう努力はしない

自分からは近づかないしなるべく関わらない
自分の心が悲鳴を上げる
ボボさんのこと好きだけどとても怖い
ボボさんと仲良くしたいけど近づきたくない
そういう相反する気持ちが出てきて、圧倒的にマイナスの感情の方が強く出てくる。
だからどうしようもない。

ボボさんにはどのみち拒絶されてるんだし今さらどう思われるかなんて気にしても仕方ない

自分の心を守れるのは自分しかいない

今はそれに専念するべき時なのだろう